ヨハネス・フェルメールの名画「窓辺で手紙を読む女」の修復が行われましたが、元絵と全然違うと話題になっています。

これまでに修復に失敗した作品

ヨハネス・フェルメールの名画「窓辺で手紙を読む女」が修復され元絵と違う、なんて聞くとこれまでに見てきたさまざまな修復失敗作品をついつい思いだしてしまいます・・・。

でもご安心を!失敗ではないんです!

修復 フェルメール「窓辺で手紙を読む女」

修復されたフェルメールの「窓辺で手紙を読む女」。確かに色彩が鮮やかによみがえっていますね! けれど壁だったところに「キューピッド」の絵が出現しています!

フェルメール

このキューピッドは、新しく書き加えられたものではなく、もともと描かれていたものなのだそうです。

1979年にX線で調べたところ、壁の部分にキューピッドが描かれていることがわかり、今回の修復で上塗りされた部分を取り除いた結果キューピッドが出現したとういうわけです。

最新の分析で、フェルメールではない別人が上塗りしたとの事。

誰が何のために上塗りしたんでしょうねぇ。

たぶんキューピッドのおちんちんが出てるからじゃないかなって私は思いました。お部屋に飾る時ちょっと恥ずかしいですもんね。

それにしても修復失敗じゃなくって良かったです。

「Johannes Vermeer. Vom Pausing」展

ちなみにこの作品は、今秋ドレスデン国立古典絵画館の「Johannes Vermeer. Vom Pausing」展(2021年9月10日~2022年1月2日)で展示予定。2022年には東京都美術館で展示され、世界初公開となります。

関連記事

285 2
社会現象を起こすほどのブームを巻き起こした「鬼滅の刃」。そのキャラクター禰豆子が加える竹筒を模した肉まんがなんかアレだと話題となっていま...
706 2
モナ・リザといえば巨匠レオナルド・ダ・ビンチの名画ですが、モナ・リザは「世界でもっとも知られた、もっとも見られた、もっとも書かれた、もっ...