【Photoshop】肌をきれいに整える。ACT3

人物画像の肌をキレイにしてみる。【美肌編】

前回(肌をきれいに整える。その前にやることがあった!ACT2 )の続きをやっていきます。

前回までに細かな部分の調整が終わりましたので、一番楽しい?かもしれない肌調整に入ります。

前回までに出来た画像を元に進めていきます。

いろいろな方法があるとは思いますが、今回は「ぼかし(ガウス)」を使用した方法を紹介したいと思います。

現在の加工中の画像

女性の画像

方法1、ぼかしを使った加工

使用画像をよく見るとはだが少し荒れている部分などが見受けられます。ぼかしを入れることにより凹凸が緩和され、なめらかに見せてしまおうという寸法です。

1、CameraRawフィルターが適用された背景のコピーをもう一つ作ります

(画面では背景のコピー5)。

Photoshopの画像

2、レイヤーをスマートオブジェクトに変換します。

(画面では背景のコピー5)そして、肌のみの調整なのでマスクを使います。Altを押しながら黒塗りのマスクを作成します。

3、レイヤーにぼかしを適応します。

最上部のメーニューから[フィルター][ぼかし][ぼかし(ガウス)…]を選択します。

半径でぼかし具合を決めることが出来ます。この画像では3Pixelで設定しました。

OKを押しても、今はマスクでぼかしが見えない状態です。

4、肌をなめらかにしたい部分をブラシツールでなぞっていきます。

まず、レイヤーの黒く塗りつぶされたマスクを選択します。

左側のブラシツールを選択します。

ブラシの色は白です。まれに色が違うことがありますので上の小さな白黒のアイコンを押すとリセットされますので、私はマスクをいじるときに必ず押してます。

あとはブラシのサイズを調整しながら、「ぼかし」で滑らかにしたいところ(頬、顎、鼻の下、首筋など)をなぞってみて下さい。

ぼかしたくないところはなぞらないで下さい。塗りすぎてしまったら[x]キーで塗りを反転させてぼかしを消すことが出来ますので、ご安心下さい。

最終的にぼかしの強さを調整したい時は、レイヤーの不透明度を下げていけば元の状態に近づきますので調整してみて下さい。

修正後

修正後

次回は「混合ブラシツール」を使用した肌調整をやっていきたいと思います。
混合ブラシツールのほうが「ぼかし」よりもさらに滑らかな表現が可能です。

【Photoshop】肌をきれいに整える。その前にやることがあった! ACT1
【Photoshop】肌をきれいに整える。ACT2
CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)   

関連記事

210 3
よくぞ金曜日までたどりつきました! 今回は「おもしろGIFアニメ集」好評?につき、これまで380個掲載したものの中から、特に面白い...
127 2
普段ホラー映画ばかり観る私、中でも好きなのがPOV(カメラの視線と登場人物の視線を一致させるようなカメラワークで撮影された作品)映画や、...
216 4
街なかを歩いていると、大きな建物の壁や屋上などで、大きな文字や写真が貼られた広告を目にします。 それを今回は、Photoshopで...
44 2
これまでホテルやレストラン・料亭での結婚式を中心に100組近くの披露宴司会を担当してきた40代女性MCの備忘録。披露宴の裏側やハプニング...
60 2
2021年最も日本で売れたバイク。それがホンダ「Rebel250」。 その台数はなんと大台にのって12,048台! 売れすぎです...
62 2
皆さんGWをいかがお過ごしでしょうか。 私はもちろんホラー映画を堪能しました。 そのホラー映画というのが、『トロール・ハンター』やア...
69 3
最近あまり使わなくなっていた映像用のカラーチェッカー(X-Rite ColorChecker Passport Video)の使い方を忘...