【大正時代の東京】モノクロ映像がカラー4Kでよみがえる!

大正2年(1913年)~4年(1915)年に東京をモノクロ撮影した映像が、4Kのカラー映像にアップスケールして公開されています!

まずはご覧ください↓↓↓

大正時代の街並みってこんなだったのですねぇ。浅草も映ってました。というか、みなさんめっちゃカメラ見てますね。当時はよほどカメラが珍しかったのでしょう。途中に聞こえる「いらっしゃいませぇ~」の声なんて現代と一緒!

この映像、当時モノクロ撮影されたものを、AI(人口知能)に関連した技術を駆使して4Kのカラー映像に、さらにフレームレートを60fpsに引き上げてあります。

※通常地デジ放送では29.9fps、映画は24fps。

元のモノクロの映像はこちらになります↓↓↓

見比べてみると、技術の凄さがわかりますね!
ちなみにこの時代に活躍した人たちは、「徳川慶喜」「夏目漱石」「吉田茂」「芥川龍之介」なのだそう。とてもロマンがありますね。

関連記事

40 2
自分の声、気になりませんか? 自分の声が好きな人って、どれ位いるのでしょうか? たまにスマホで動画を撮ったあとに自分の声を聞いて、や...
77 1
Instagram 「すでに亡くなったあの人がまだ生きていたら」という発想から、人工知能AIを活用して、実現された有名人の画像がSNS...
257 1
フリー素材を取り扱うACワークス(株)から2人の間に生まれてくる赤ちゃんの顔(あくまでAIが作ったもの)が生成されるアプリ(WEB)「赤...
135 2
近年のロボット技術の進歩はめざましく、その運動性能は人間にどんどん近づいています。 二足歩行はおもちゃのロボットすらできちゃうし、...
115 1
「Deep Nostalgia」 iamge:©MyHeritage Ltd. 家系図の作成サービスを手掛けるイスラエルのMy...
181 1
今日は、写真やイラストなどの素材サイトを運営するACワークス株式会社の、顔だけ別人にする画像合成サービスをご紹介したいと思います。 ...