コロナ禍でも歌い続ける【東京混声合唱団のハミングだけの合唱曲】

合唱は大人数が一斉に歌うので、飛沫などで感染拡大が心配され、コロナ禍では学校などの音楽の授業でも合唱があまり取り組まれなくなったと聞きます。

しかし、歌には「ハミング」という口を閉じたまま歌うという歌唱方法があり、これなら飛沫を最小限に防ぎながら歌うことができる。そこで、合唱のプロ「東京混声合唱団」は、作曲家にハミングだけの合唱曲の作曲を依頼、結果3人の作曲家がさまざまな想いを込めてハミングだけの合唱曲を作曲しました。

ハミングは口を閉じたままで声を響かせないといけないとても難しい歌い方でなんですが、さすがプロの合唱団。ハーモニーに深みがありとても豊かな響きで私たちを楽しませてくれます。

コロナ禍でコンサートはおろか練習すらできない状況の団員達ですが、芸術の灯を絶やしてはならないという想いが伝わってきます。ステイホームでの芸術の秋、こんな楽しみ方もありですね。

関連記事

42 2
以前、家呑み最強アイテムとしてご紹介したライソンの「せんべろメーカー」。過去の記事 せんべろメーカー【ライソン】 1台で焼...
49 3
作品紹介  新型コロナウイルスでロックダウン中のイギリスを舞台に6人の友人グループがzoomを介して「交霊会」を開催した事...
75
iOS 14.5が配信され、「Apple Watch」があれば、マスクをしていてもiPhoneのロックを解除する事ができるようになりまし...
174 4
酒は飲んでも飲まれるな!ですよね。 とはいえ、最近は外で飲むこともほとんどありませんので、外出先で酔っ払うこともコロナ問題以降皆無...
285 3
すっかりマスクは必ず着用する時代になりました。 理由はやはり周囲の人にコロナを伝染す可能性をできるだけ下げること。これに尽きます。...
126
コロナ禍で日本酒がピンチ!業務用を中心に日本酒の国内出荷量、輸出量は大きく減少しているそうです。飲食店が時短や営業自粛だったり飲み会も自...