コロナ禍でも歌い続ける【東京混声合唱団のハミングだけの合唱曲】

合唱は大人数が一斉に歌うので、飛沫などで感染拡大が心配され、コロナ禍では学校などの音楽の授業でも合唱があまり取り組まれなくなったと聞きます。

しかし、歌には「ハミング」という口を閉じたまま歌うという歌唱方法があり、これなら飛沫を最小限に防ぎながら歌うことができる。そこで、合唱のプロ「東京混声合唱団」は、作曲家にハミングだけの合唱曲の作曲を依頼、結果3人の作曲家がさまざまな想いを込めてハミングだけの合唱曲を作曲しました。

ハミングは口を閉じたままで声を響かせないといけないとても難しい歌い方でなんですが、さすがプロの合唱団。ハーモニーに深みがありとても豊かな響きで私たちを楽しませてくれます。

コロナ禍でコンサートはおろか練習すらできない状況の団員達ですが、芸術の灯を絶やしてはならないという想いが伝わってきます。ステイホームでの芸術の秋、こんな楽しみ方もありですね。

関連記事

34
株式会社ヤマハミュージックジャパンが企画・展開している「おかえり、おんがく。」は、コロナ禍での人々の生活に再び音楽を取り戻したいとの想い...
157
コロナで最も深刻な影響を受けている飲食店。2020年の飲食店の倒産件数が過去最多となり、緊急事態宣言の出ている地域では時短や休業要請もあ...
188
コロナ感染者数増えてますね。。。例年なら忘年会シーズン真っ只中!街はサラリーマンやOLでごった返していた時期です。 去年まで何も変...
139
世界保健機関(WHO)で新型コロナウイルス対応の技術責任者・マリア・バンケルコフ氏が14日の会見で、「サンタクロースと話しましたが、彼は...
195
コロナ禍で様々な新しい生活が定着しましたが、食事の際の感染防止対策に「マイトング」が常識になるかもしれません。 ついつい食事の際は...