「日本人の魂・冨嶽今昔(こんじゃく)三十六景」~北斎と4人の巨匠たち~

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)内、富士フイルムフォトサロン 東京で葛飾北斎の描いた「冨嶽三十六景」のオリジナルを富士フイルムの1億画素ラージフォーマットデジタルカメラGFX100で複写した画像4点を大型銀写真プリントに仕上げて展示。

「冨嶽三十六景 駿州江尻」(複写プリント)葛飾北斎 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵(浦上コレクション)

合わせて日本を代表する写真家4人の富士山を題材とした作品各8点を銀写真でプリントされた写真が展示されます。

写真家のプロフィール

「湖畔の春」撮影:岡田紅陽 収蔵岡田紅陽写真美術館

岡田 紅陽(おかだ こうよう)
1895 – 1972年、新潟県生まれ。生涯をかけ富士山写真の礎を築く。紙幣や切手に採用された作品も多く、日本人が心のどこかにもつ富士山のイメージの原風景となっています。1952年に日本写真協会を創設。日本写真界の発展と写真文化の向上に貢献しました。

南アルプス千枚岳から「雲海と富士」 撮影:白籏史朗

白簱 史朗(しらはた しろう)
1933 – 2019年、山梨県生まれ。岡田紅陽に師事後、世界の名峰、そして日本国内の名峰を撮影した日本山岳写真の第一人者です。その重厚で壮大な作品は国内外で高い評価を受け、2000年にスイスのアルバート・キングⅠ世記念財団より山岳写真家としては初の「功労勲章」を授与されました。

山梨県勝山村(現富士河口湖町)から「桜と富士」撮影:竹内敏信

竹内 敏信(たけうち としのぶ)
1943年、愛知県生まれ。鋭利な感覚と確かなテクニックを持つ風景写真の第一人者です。ライフワークとして「日本人の原風景」を追い求めるなかで、富士山を日本人の原風景の象徴と位置づけ、自身の心に描く富士を撮影し続けました。2004年に日本写真協会賞年度賞、2008年に第六回藤本四八写真文化賞を受賞しています。

©Yukio Ohyama

大山 行男(おおやま ゆきお)
1952年、神奈川県生まれ。富士山のすべてを見たいと富士山麓に自らの手で自宅を建て、日々富士と対峙。撮影にあえて自作のエイトバイテン(8×10)大型カメラを駆使するなど、独自の作風、境地を追い求め続けています。2010年に日本写真協会賞作家賞を受賞しました。

この機会に是非、足を運んでみて下さい。

詳細

  • 企画展名:フジフイルム スクエア 企画写真展
    「日本人の魂・冨嶽今昔(こんじゃく)三十六景」~北斎と4人の巨匠たち~
  • 出展作家:葛飾北斎、岡田紅陽、白簱史朗、竹内敏信、大山行男(敬称略、順不同)
  • 開催期間:2021年7月21日(水)-8月19日(木)
    10:00–19:00(最終日は14:00まで、入館は終了10分前まで)  会期中無休
    ※ 写真展・イベントはやむを得ず、中止・変更させていただく場合がございます。ウェブサイト・電話でご確認ください。
  • 会場:FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)内、富士フイルムフォトサロン 東京
  • 主催:富士フイルム株式会社
  • 入館料:無 料 *企業メセナとして実施しており、より多くの方に楽しんでいただくために入館無料としております。
  • 協力:凸版印刷株式会社 (生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」連携)
  • 監修:山と溪谷社  萩原浩司(「山と溪谷」元編集長)
  • 企画制作:クレヴィス
  • 後援:世界遺産リレー催事実行委員会、(一社)世界文化遺産地域連携会議
    本展は「日本博参加プロジェクト」です。
    FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)
    〒 107-0052 東京都港区赤坂9丁目7番3号(東京ミッドタウン・ウエスト)
    TEL 03-6271-3350  URL  http://fujifilmsquare.jp/

関連記事

71
私が愛してやまないNHK Eテレの番組「びじゅチューン!」。5月9日まで大分県立美術館で開催中の『びじゅチューン!✕OPAM なりきり美...
192
日本を代表するジェットコースター・富士急ハイランドの『FUJIYAMA』に点検塔が建設され、その頂上部分を富士山一望の絶景展望台『FUJ...
189
食欲の秋真っ盛り、美味しい秋の味覚をついつい食べ過ぎちゃって体重計に乗るのが怖いそこのあなた!TANITAからなんともアートな乗るのが楽...