皮下脂肪の厚さが測れます。

例のウィルスのせいなのか、運動不足になりがち。
いつの間にかお腹周りに浮き輪が出来つつあります。

image:© TANITA corporation.

体重計などでお馴染みの株式会社タニタから皮下脂肪の厚さをわずか5秒で計測できる皮下脂肪厚計「SR-903」が発表されました。
発売は6月1日となっています。

image:© TANITA corporation.

「SR-903」はタニタのの体組成計と同様に、からだに微弱な電流を流しその電気抵抗値を基に皮下脂肪の厚さを解析するそうで。からだに電流を流した際、脂肪は筋肉に比べ、インピーダンスの位相差が生じにくいという特性があるそうです。そのため、皮下脂肪が厚くなるほど、インピーダンスの位相差は小さくなります。この原理を利用し、タニタ独自のアルゴリズムで解析しています。

使い方

  1. 本体裏面の電極または計測する部位を水で濡らす
  2. 「ON」ボタンを押す
  3. 「START」ボタンを押して計測する部位に電極部分を当てる

たったこれだけです。

「SR-903」の価格は9900円(税込み)です。お腹周りが気になる方は使ってみるのもいいかもしれません。

仕様

本体のサイズは55×138×26mm(幅×奥行き×高さ)、重さは約91g(電池を含む)。

https://shop.tanita.co.jp/

関連記事はありません