次世代動画圧縮規格「H.266/VVC」が登場

H.265/HEVCと同じ画質でファイルサイズを半分にできる動画圧縮規格”H.266/VVC”が登場。

Fraunhofer Heinrich Hertz InstituteはWindows/macOS/Android/iOSといった各種OSでデフォルトでサポートされている動画圧縮規格「H.265/HEVC」の次世代規格となる「H.266/VVC」を発表しました。「H.266/VVC」はデータの圧縮効率を改善し、約50%ビットレートを削減することが可能となります。

現在のインターネットトラフィックの中心は映像で約80%を締めています。
発表された新しい動画圧縮規格「H.266/VVC」を使えば、SD・HD・4K・8Kといったあらゆる解像度の映像データの容量を、既存の「H.265/HEVC」と比べて約50%も削減することができるそうです。

H.264/AVC」および「H.265/HEVC」は、100億台以上のデジタル端末で利用されている動画圧縮規格で、全世界の約90%以上のムービーデータを圧縮処理しています。これらと比べて「H.266/VVC」は圧倒的にデータ圧縮効率が高く、データ容量に制限のあるモバイルネットワークでのムービー伝送をより効率化することが可能となります。例えば「H.265/HEVC」で90分の4K(3840×2160)解像度のムービーファイルを作成すると、データ容量は10GB程度になります。しかし、「H.266/VVC」で同じ条件のムービーファイルを作成すると、データ容量は5GBと約半分に抑えることが可能になるのです。

「H.266/VVC」は標準化プロセスで使用される公平・妥当かつ差別のないFRANDライセンスの基で配布され、Fraunhofer Heinrich Hertz Instituteは「H.266/VVC」をサポートする最初のソフトウェアを2020年秋にも公開する予定です。

関連記事はありません