南極で撮影された『沈まない太陽』のタイムラプスが非日常すぎる

地球の最南端での一日の太陽はどのように見えるのだろう?

一日を通して陽が沈まない白夜、一日中陽が昇らない極夜。
南極では白夜は12月、極夜は6月頃に訪れます。

実験的なプロジェクトの一環として南極に15年間駐留していたロバート・シュワルツ氏は、極寒の南極で、なんと5日間にもわたって地平線上に浮かぶ太陽のタイムラプスを撮影しました。

 

南極の白夜

 

2017年3月に撮影されたこの映像は、南極が4月から8月にかけて暗い時期を迎える”日没直前”の空を捉えていて、太陽は低い高さを維持しながら平行に移動します。

5日間なのですから、単純に太陽がカメラの回りを5周していることになります。

 

 

日本に住んでいる私達が見ると、ずっと夕日もしくはずっと朝日の状態です。夕焼けや朝焼けは美しいものですが、それはあくまで一日の中の刹那だからというもの。

一日中(この動画では5日間)同じ高さの太陽を肉眼で見たとき何を感じ、何を思うのでしょう。

南極や北極以外でも、ノルウェー、フィンランド、スウェーデン、アイスランドといった国々で白夜や極夜が起こります。特に白夜は、フィンランドで「ユハンヌス」、スウェーデンで「ミッドソッマー・ダーゲン」など国によってはお祭りを行うこともあります。

日本では非日常すぎて想像もできませんから、一度そこに立ってみると、これまで感じたこともなかった感覚を得られるような気がします。

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)   

関連記事

46 3
徒党を組んだ野犬がこんなに恐ろしいとは・・・ 小さい子猫をなんと4頭の野良犬いが追い詰めていきます。首輪はしてなさそうですので、ま...
41 2
割り箸で1年間ギターを引き続けたという男性がTwitterに投稿したこちらの動画。 1年間割り箸でギターを弾き続けた成果がこれです...
89 2
Twitterに投稿されたとある柴犬の動画が可愛すぎると話題になっています。 笑顔で帰宅拒否( ⌯᷄ω⌯᷅ ) pic.twitt...
59 3
飛行するラジコンといえば、近年はドローンの代名詞である"クワッドコプター"が一世風靡しています。 その理由の一つとして、GPSと連...
141 3
ゴルフは基本的にはどんなに雨が降ってもプレーします。 ゴルフをやらない人はどうかしてる!と思うかもしれませんが、ゴルフってゴルフコ...
119 2
Twitterに投稿されたとあるインコの動画がお利口さんと話題です。 封筒を開けてくれてます✁ pic.twitter.com/Y...
96 2
先日、ひっくりかえった仲間を助けるゾウガメの話題を紹介しました。 助けたのはアカアシガメとアフガンホルスでしたが、助け合う亀は他の...