南極で撮影された『沈まない太陽』のタイムラプスが非日常すぎる

地球の最南端での一日の太陽はどのように見えるのだろう?

一日を通して陽が沈まない白夜、一日中陽が昇らない極夜。
南極では白夜は12月、極夜は6月頃に訪れます。

実験的なプロジェクトの一環として南極に15年間駐留していたロバート・シュワルツ氏は、極寒の南極で、なんと5日間にもわたって地平線上に浮かぶ太陽のタイムラプスを撮影しました。

 

南極の白夜

 

2017年3月に撮影されたこの映像は、南極が4月から8月にかけて暗い時期を迎える”日没直前”の空を捉えていて、太陽は低い高さを維持しながら平行に移動します。

5日間なのですから、単純に太陽がカメラの回りを5周していることになります。

 

 

日本に住んでいる私達が見ると、ずっと夕日もしくはずっと朝日の状態です。夕焼けや朝焼けは美しいものですが、それはあくまで一日の中の刹那だからというもの。

一日中(この動画では5日間)同じ高さの太陽を肉眼で見たとき何を感じ、何を思うのでしょう。

南極や北極以外でも、ノルウェー、フィンランド、スウェーデン、アイスランドといった国々で白夜や極夜が起こります。特に白夜は、フィンランドで「ユハンヌス」、スウェーデンで「ミッドソッマー・ダーゲン」など国によってはお祭りを行うこともあります。

日本では非日常すぎて想像もできませんから、一度そこに立ってみると、これまで感じたこともなかった感覚を得られるような気がします。

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)   

関連記事

66 3
ホホジロザメは、サメの中でも人を襲った記録が多く、映画「JAWS」のモデルになったサメ。ほとんど世界中の海に分布していて、もちろん日本近...
63 3
UFOといえば未確認飛行物体のことですが、嘘か真かこれまでも多くの目撃証言や映像、様々な憶測や噂が飛び交ってきました。 この無限と...
53 2
アニメ「きかんしゃトーマス」が12年ぶりにフルリニューアルされることを記念したドラマ『サラリーマントーマス』が昨日11月17日にきかんし...
53 3
ジャッキー・チェンといえば、生ける伝説のアクションスター。 とんでもなく危険なアクションシーンをスタントマンなし(まともな安全対策...
65 3
実はカラスはネコの天敵と言われるほどの関係性。 雑食であるカラスは小動物を食べることもあり、子猫が襲われてしまうことも少なくないの...
45 3
水族館でおなじみのかわいいラッコさんですが、実は現在日本には3頭しかいません。 一時期は国内に100頭以上のラッコが飼育されていて...
43 1
お笑いコンビ・チョコレートプラネットのYouTubeチャンネルにアップされた、GUで1人10万円のワンコーデバトルをする動画がおもしろい...
113 2
道路交通法の改正案が成立し、2024年頃には免許もヘルメットも不要になる電動キックボード。 東京・福岡では実証実験がはじまっていて...