虫の歩き方をわかりやすく解説するアニメーションが面白い!鳥や犬も!

ロンドンのStephen Cunnaneさんのvimeoでは、アニメーター向けに動物の動きをわかりやすく解説したアニメーションを公開しています。

シルエットで表現された動物の動きはとてもリアルで、挿入されたガイドオブジェクトにより動きのポイントがわかりやすく認識できます

虫の歩き方

虫と言っても6本足の昆虫、8本足の蜘蛛、多足のムカデ!!!!の解説です。

どの種類も左右の足が横一直線でシーソーのような動きをしていて、縦では上から交互に上下へ動いているのがよくわかります(語彙力)

蜘蛛だと一番前と三番目が同じ動き。二番目と四番目が同じ動きですね。

ムカデも基本的には同じなのですが、完全に交互ではなく、波打つようなイメージで動いていますね。これがあのなんとも気持ち悪い動きとなっているんですね。

 

鳥の羽ばたき方

鳥の羽ばたき方もアニメーションをみればよーーくわかります。

小鳥(すずめ)から鷲みたいな大型の鳥まで、羽根の角度と羽ばたき方がこれまたわかりやすい。羽が忙しく動く一方で首の位置はほとんど動いていないのがよくわかりますね。

 

犬の走り方

個人的に面白かったのは犬の走り方解説動画。

歩くスピードから全速力で走るスピードまでなんと6段階の走り方が解説されています。

ユニークなのはシルエットとリンクする形で、地面を蹴ったタイミングの足跡が表示されるところ。前後左右どの足が度のタイミングで動いているのかわかりやすくなっています。

目からウロコだったのは、前後左右の足が地面をけるタイミングはスピードによって微妙に違うという点。

3段階目まで右の前後、左の前後が近いタイミングだったのが4段階目のtrotで前後が全く交互になり、その後走るスピードになると微妙に4本全てがバラバラだったりとスピードに設置するタイミングがバラバラなのがわかります!

 

いかがでしたか?

アニメーターは生物の動きを表現する上で、骨格とその動作を生物学的に理解していないといけません。Stephen Cunnaneさんのアニメーションは非常に有用なバイブルになりそうですね!

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)   

関連記事

23 2
犬は非常に頭がよく、一番人間に身近な動物。生活を共にする家族ですよね。 asologyでも、何度もお利口なワンちゃんを紹介してきま...
33 2
来週には6月に入り、6月に入れば梅雨が訪れます。今年の梅雨は短く激しいという予想もあり、大雨には注意しなければなりません。 洪水・...
35 2
犬だってお酒を飲みます。いや、基本は何でも食べるし飲みます。 昔、酔っ払った叔父が迷い込んできた野良犬にビールのを飲ませると意外と...
53 2
日本で凧といえば、長方形で細い帯が2本ぶら下がっているものを想像しますが、世界にはいろんな形の凧があります。 台湾で行われている凧...
99 2
ハリー・ポッターシリーズに登場するスネイプ先生の声マネをしながらナポリタンを作る動画が話題となっています。 【魔法料理学】自分をセ...
67 2
犬も猫も飼ったことある人ならわかると思いますが、犬はお散歩大好き、対して猫は田舎の方で放し飼いにしていても自らの縄張りの外へはほとんど出...
59 2
以前ご紹介したネコバスのオルゴール。 こちら、実写と合成した映像だと思っていましたがなんとフルCGでした・・・現物が存在しないのは...
64 2
可動域2倍のラジオ体操第一がTwitterで話題になっています。 可動域2倍のラジオ体操第一 pic.twitter.com/8H...