お仕置き専用!?富士急ハイランドに空飛ぶ牢屋の観覧車「監ごくん 牢ごくん」がこの夏登場!!

富士急ハイランドの大観覧車に、『お仕おき檻覧車「監ごくん 牢ごくん」』が2021年7月21日(水)よりオープンします!

リリースされたビジュアルがこちら↓

監ごくん 牢ごくん

富士急ハイランド

楳図かずお先生ばりの劇画チックなイラストですが、高所恐怖症の人にとってはもうホラーでしかないでしょうね。

こちらの「監ごくん 牢ごくん」は、園内の中央に位置する高さ50mの大観覧車「シャイニング・フラワー」に新しく2基整備され、全ての壁面が檻状のステンレス網で囲まれた“牢屋”仕様となるそうです。

シャイニング・フラワー

富士急ハイランド

富士急ハイランドによると・・・、

『収監者達は吹きさらしの檻の中で、隙間から遥か下の地面が見える“スリル”を味わいつつ、周囲の嘲笑に耐えながら、約11分間のお仕置きの時間を過ごすことができ、また、眼前に広がる雄大な富士山に向かって自分の罪を懺悔し、出所するまでに少しでも心を入れ替えられるよう、2人掛け横並びの座席になっています。』

って、どんなプレイやねん!って思わず突っ込みたくなるPR文ですが、新しい観覧車の楽しみ方(もしくは使い方)なのかもしれませんね。

 

 

関連記事

292
日本を代表するジェットコースター・富士急ハイランドの『FUJIYAMA』に点検塔が建設され、その頂上部分を富士山一望の絶景展望台『FUJ...
1195
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、大声を出す「絶叫」が禁止されるなか、富士急行社長と、富士急ハイランド社長のおふたりが「お手本」と...