【面白アニメ】北京オリンピックを見て思い出したアニメ「スキージャンプペア」

北京オリンピックの試合中継を見ていて思い出したのが、「スキージャンプペア」。ずいぶん昔になりますが、当時は今のようにYouTubeとかじゃなくて、わざわざDVD借りて観てました。

         

映像作家・真島理一郎さんが、在学していたデジタルハリウッドの卒業制作として制作し、ネットに公開されるや大人気となり、2002年にDVD・シリーズ化され、2006年には映画化もされました。

もちろんすべてフィクションなんですが、作中ではトリノオリンピッ(オリンピックではない)となっていたり、日本選手の名前が原田だったり、かなり際どいところを攻めていてツボりました。

中でも秀逸なのが、実況の茂木淳一さんの語り口。昭和を彷彿とさせるお堅いスポーツ実況のテイストで、あたかもそれが世間の常識のように語られていますが、言っていることはメチャクチャ。でも脚本が素晴らしく、オリンピックの実況で「栄光への架け橋だ」とか「13歳、真夏の大冒険」とか名言生まれていますが、もしこれが実際の競技だったら名言のオンパレード!個人的には、動画の4分16秒あたりからのイギリスの双子ジャンパー・クエイ兄弟がおススメ。「君と飲みたいミルクティー…アールグレイ!」文字を読んだだけでは意味不明だと思いますが、ぜひ1度動画でご覧ください。

YouTubeのコメント欄にも、
「なんで北京五輪にこの競技無いのか…」
「冬季オリンピックが開かれる度にこの競技を思い出す」
など、20年近くだった今でもファンの心をがっちりつかんでます。

4年に一度、冬季オリンピックが訪れる度に見たくなる動画です。

 

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)  / 

関連記事

313 2
以前、熊本のご当地キャラ「くまモン」がオリンピック開催に合わせて黒から藍色に変わった話題をお伝えしました。 過去の記事→「くまモンがオ...