川崎重工業が開発した四脚ロボットが、どうみても「ヤックル」。

四足歩行ロボット「RHP Bex」

東京ビッグサイトで開催された(3月9日~3月12日)「2022国際ロボット展」に出展のロボットが、映画「もののけ姫」に登場する「ヤックル」にそっくりだとして話題となっています。

©2013 Asratec Corp.

©2013 Asratec Corp.

このロボットは川崎重工業がロボット制御システムなどを開発するアスラテックと開発を進めていたもので、100kgという高い積載能力を特徴とし、人が乗って操縦することも可能な四脚ロボットです。脚の膝部分に受動輪、そして胴体中心に駆動輪を内蔵しており、でこぼこした不整地から平らな整地に移動したら、移動モードは変形歩行モード車輪移動モードの2つの形態を使い分けることで、さまざまな移動が可能としています。

荷物を運んだり、人を載せたりするのに角状のものは特に必要ないはずですが、ついているということは何かしらの動物をモチーフにしたことがうかがえます。

私には「ヤックル」に見えて仕方ないです

移動の様子

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)   

関連記事

192 2
スタジオジブリ作品の世界観を再現した「ジブリパーク」が2022年秋に一部エリアオープンされることが発表されました! 2022年秋に...