【エモい!】廃校を活用した高知県室戸市の「むろと廃校水族館」が話題!

高知県室戸市にある、廃校を活用した「むろと廃校水族館」が「エモい!」と話題になっています!

むろと廃校水族館

発端となったのは、こちらのツイート。

ここは、高知県室戸市にある廃校を活用した「むろと廃校水族館」で、2006年に廃校となった室戸市立椎名小学校を市が約5億円かけて改修し、2018年4月にオープンしたのだそうです。

まぁ廃校って言えばブールがあるっちゃありますが、5億円もかけて改修なんて室戸市凄いですねぇ。

面白いのが、「むろと廃校水族館」の公式宇Twitterアカウントをのぞいてみると・・・。

「年中無休、毎日が参観日です。」とあります。

そして、営業時間の事でしょう、

「登校時間は9時~ 下校時間は4~9月は18時、10~3月は17時」とかかれています。

面白い!!!

AED収納箱の水槽

AEDを移動させた際に空となったAEDの収納箱を水槽にしたとの事。これ可愛いですね!

「跳び箱」の水槽

エモいですね!(←使い方あってる?

「防火バケツ」の水槽

今度は防火バケツが水槽に!発想がいちいち素晴らしいです!

サメがいる「プール」

カメやサメが泳ぐプール。

他にも「海のゴミ」の展示や、校名が書かれた石碑のようなラッピングの自動販売機など、さまざまな面白いものがあるので興味のある方は是非訪れてみてくださいね!

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)   

関連記事はありません