【連鎖する“貞子の呪い”を10分で体感】「カードゲーム貞子 呪いのカウントダウン」登場!

「リング」シリーズでおなじみ、国内最恐のホラーヒロイン「貞子」を題材にしたカードゲーム『カードゲーム貞子 呪いのカウントダウン』が、KADOKAWAのアナログゲームブランド「カドアナ」より2023年12月21日に発売されます。

プレイヤーは『貞子』に呪われてしまった一般人となり、数日後に死んでしまう呪いから生き延びる方法を探すという内容。

 

ゲームの目標は、ババ抜きの要領で手札を交換して“あがり”を目指すこと。各プレイヤーは「噂」と「手がかり」の2種類のカードを時計回りに交換します。「噂」と「手がかり」のペアを揃えてカードを捨てていき、手札を空にできれば“あがり”となるルールです。

「呪い」カードはババ抜きの“ババ”に当たるカードで、持っていると“あがり”にならないのに加えて、手札の「噂」カードを他のプレイヤーから見えるように全て裏返さなければいけません。その代わり、他のプレイヤーから「噂」カードを引かれるとき、その相手に「呪い」カードを強制的に押し付けることができます。

「呪い」カードを引き受けつつ欲しい「噂」カードを引くか、「手がかり」カードを引くことに賭けて「呪い」カードも入っている裏返しのカードを引いていくかの駆け引きにハラハラドキドキ…!!!

映画と同じように“貞子の呪いの連鎖”を体感できる仕組みになっているんですね。

ちなみに「呪い」カード2枚が1人の手札に揃うと「呪いのカウントダウン」が始まります。「呪いのカウントダウン」が進むたびに中央に重ねられた「貞子」カードがめくられていき、最後の1枚がめくれるまでに“あがり”にならなかったプレイヤーは全員敗北してしまいます。カードの中から近づいてくる「貞子」は、テレビから這い出てくるあのシーンを彷彿とさせます。

様々な情報から本物の解呪方法を見つけ、「貞子」の呪いから無事生還することはできるのか…。

プレイ人数は3~6人。1プレイ10分程度で楽しめるとのこと。

価格は2200円。現在アマゾンKADOKAWA公式オンラインショップ「カドカワストア」などで予約受付中ですので、興味のある方はぜひチェックしてみてください!

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)  / 

関連記事

171 2
令和の時代でもアナログなカードゲームは人気の様で、今回ご紹介するのは5月11日から予約受付が始まった 「え!BTSマニアなんですか?」...
210 3
友人とのお泊り会や旅行のお供の定番カードゲーム「UNO(ウノ)」から、新作『ウノ オールワイルド』が登場しました! 4月中旬から1...
373 1
運動不足の解消 例のウィルスのまん延により、室内にいることが多くなり、以前よりも運動する機会が減ったなと感じてらっしゃる方もいると思い...