「退職代行サービス」に新卒者の依頼殺到中

退職代行サービスとは?

4月も後半となり、この春から就職された方はちょっとお疲れかもしれませんね。中には「辞めたい」と思う方もいらっしゃるかとは思いますが、なかなか言い出しにくいです。

そんな悩みを解決してくれるサービスとして急速に成長するサービス「退職代行」。

© MOMURI 2024

サービスを展開する「退職代行モームリ」さんによると

退職の意思を代わりに会社へ伝えるサービス。
退職代行モームリは神奈川県労働委員会の審査に合格した『労働環境改善組合』と提携しているため、退職にあたり会社との交渉は、労働組合の組合員が団体交渉権を持ってあなたに代わって交渉を行うため、会社側はこれを拒否することができません。
当社は退職成功率100%を継続中です。
さらに当社では業界初の依頼者が事務所に来店し対面で無料相談・目の前で代行実施の店舗型オプションを新設しました!

ー HPから引用 ー

とのことです。

多くの企業で入社式があった4月1日から依頼が入り、今週までに129件の申込みがあるそうです。因みに、昨年2023年4月は18件とのことで今年は急増しているそうです。

運営会社アルバトロスの谷本慎二社長は
「退職代行サービスの認知が高まったことに加え、SNSの影響も大きいのではないか」と話しています。新卒者がネット上で「仕事が大変」などと投稿すると、不特定多数から「辞めた方がいい」などの反応がすぐ集まり、他者との比較で職場環境に違和感を覚えやすい。谷本社長は「退職希望の新卒者は昔から一定数いたが、現代の方が転職を決意しやすい」と分析しています。

モームリでは弁護士の監修を受け、24時間、LINEやメールで依頼を受け付け、電話やメールなどで会社との交渉を代行。料金は依頼者が正社員、もしくは契約社員なら2万2000円、アルバイトは1万2000円。22年3月にサービスを開始し、これまで8300件を超える依頼をこなし、最近は、依頼のペースが急増しているそうです。

もうすぐGWが始まりますが、連休明けになると退職が増えると聞きます。
気になる方は以下のページを御覧ください。

https://momuri.com/

 

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)  / 

関連記事

98 3
今年のゴールデンウィーク、長い方は10日という方もいらっしゃったようですが、体調はいかがでしょうか? 連休が終わると気になるのが次...