家呑み缶ビールの革命となるか?『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』4月20日に発売予定!!

家でビールを飲むとき、缶のまま派?それともグラス派?我が家は普段は缶のまま派です。理由としては、グラスを洗うのが面倒だから。(お客さんが来たときは、冷やしたグラスで呑むんですが・・・。)

実家の父はグラスで呑む派で、冷凍庫には常に冷えたグラスが常備してあります。泡にもこだわりがあり、缶から注ぐときはまさに全集中。たまに私が缶のまま呑もうとすると、非国民を見るかのごとく父の冷たい視線が飛んできます。

しかし!そんな父も懐柔できそうな素晴らしい缶ビールが、4月にアサヒから発売されます!『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』

アサヒビール株式会社

「日本初。 開けた瞬間、まるで生ジョッキのうまさ。」がキャッチコピーで、開栓するときめ細かい泡が自然に発生し、飲食店のジョッキで飲む樽生ビールのような味わいが楽しめる商品となっています。

アサヒビール株式会社

栓が丸く開くようになっていて、泡がしっかりと生まれていますね。これは、缶体内側の特殊塗料により、通常の缶からビールをグラスに注いだ時に発生する泡よりもきめ細かいそうで、缶のまま直接飲用することで冷たさも炭酸ガス圧も維持される仕組みなんだそうです。フルオープンかつ自然発泡する缶を用いた日本初の商品で、飲み口は、飲料缶では初採用となるダブルセーフティー構造により、手や口を切る恐れがなく、安心して飲むことができます。

酒類取り扱いのコンビニエンスストアでは4月6日(火)から先行発売、4月20日(火)から全国で発売ということで、春になったら父と一緒に呑んでみたいです。その頃にはコロナも収まっていますように!!

 

関連記事はありません