高層ビルでの火災から命を救う革新的なパラシュート

人々の心にいまでも深く深く残る「9.11同時多発テロ」。

多くの罪なき人々の命が奪われ、世界中が悲しみに包まれました。

その中でも印象に残っているのは、迫りくる炎や火災によって発生したガスにより逃げ場を失い、飛び降りることで想像を絶する苦しみから逃れた人々。その刹那に、生きることへの希望を見たのかもしれません。

大変痛ましくあってはならない光景。しかし他に術はなかったのでしょう。

無差別大量殺人などというテロ行為が起こらない事、未然に防ぐことがもちろん一番なのですが、テロでなくても事故は起こってしまいます。

そして、高層ビルの火災では度々この悲しい光景が繰り返されています。

ビルの避難訓練では、ジェットシューターを利用したものが一般的ですが、高層ビルはそうはいきません。かといってパラシュートを使ったところで、素人が緊急時にうまく使えるとは思えません。
レスキューが間に合い、落下ポイントにマットを敷いたとしても、一定の高さ以上では意味をなしません。

新開発のパラシュート

そこで、ロシアの「Space Rescue Systems」が開発している新しいパラシュート(パラシュートといっていいかわかりませんが)。人を高層ビルの火災から救うための斬新な発明がこちら。

このシステムの仕組みを簡単に言うと、バックパックがビルの室内に設置されており、緊急時にそれを背負って窓際で背中を外に向けて腰掛けます。

ハンドルを引っ張ると自動的にラッパ傘状のエアクッションが外に向かって開かれ、避難者はそのまま後ろ向きに落ちることになりますが、パラシュート形状のおかげでゆっくりと落ちていき、また着陸時もバルーンのおかげでふわりと着地することができます。

動画では他の形の試験も映されていますが、いずれもバックパックにコンパクトに収まっていながら、高い確率で生存できそうなところがとても素晴らしいですね。

ただ、一つ一人しか救えないということが問題かもしれませんが、一人でも多く救えることに越したことはありません。

よりコンパクトになり、大量に普及するようになればよいですね。

 

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)  / 

関連記事

34 3
ゆっくりと画像が変化するアハ体験動画。今回はオーストラリアの世界遺産、ザルツブルクにある「ミラベル庭園」です。 どこが変わっている...
53 3
asologyでは、賢いワンちゃんの動画をたくさん紹介してきました。 今回は賢さNo.1のボーダーコリー2頭にくわえてハスキーの3...
32 3
ゆっくりと画像が変化するアハ体験動画。今回は長崎の世界遺産「軍艦島」にあるアパートの一室です。 どこが変わっているか気づくとスッキ...
45 3
令和になってスリは激減しているらしいのですが、海外では地域によってまだまだスリが横行しています。 しかし特に頻発している地域では、...
31 3
日本では少子化が社会問題になっていて、結婚率は下がり、離婚率は上がり、出生率も下がっている。そんな絶望的な状況なのに、打開策はないままだ...
56 4
トイレに座っているとき(特に大)人間はとても無防備です。 私見ですが、シャワーを浴びている時以上に無防備な状態と思います。様々な危...
45 3
自転車の保安部品は「前照灯(ヘッドライト)」「尾灯(テールライト)」「警音器(クラクション)」などですが、これらがないと当然車を走らせて...
52 4
犬はお家からずいぶん離れても、匂いをたどって我が家にたどり着けるという話を聞きますが、猫の方は異性猫の匂いを追いかけて、迷って帰れなくな...