高層ビルでの火災から命を救う革新的なパラシュート

人々の心にいまでも深く深く残る「9.11同時多発テロ」。

多くの罪なき人々の命が奪われ、世界中が悲しみに包まれました。

その中でも印象に残っているのは、迫りくる炎や火災によって発生したガスにより逃げ場を失い、飛び降りることで想像を絶する苦しみから逃れた人々。その刹那に、生きることへの希望を見たのかもしれません。

大変痛ましくあってはならない光景。しかし他に術はなかったのでしょう。

無差別大量殺人などというテロ行為が起こらない事、未然に防ぐことがもちろん一番なのですが、テロでなくても事故は起こってしまいます。

そして、高層ビルの火災では度々この悲しい光景が繰り返されています。

ビルの避難訓練では、ジェットシューターを利用したものが一般的ですが、高層ビルはそうはいきません。かといってパラシュートを使ったところで、素人が緊急時にうまく使えるとは思えません。
レスキューが間に合い、落下ポイントにマットを敷いたとしても、一定の高さ以上では意味をなしません。

新開発のパラシュート

そこで、ロシアの「Space Rescue Systems」が開発している新しいパラシュート(パラシュートといっていいかわかりませんが)。人を高層ビルの火災から救うための斬新な発明がこちら。

このシステムの仕組みを簡単に言うと、バックパックがビルの室内に設置されており、緊急時にそれを背負って窓際で背中を外に向けて腰掛けます。

ハンドルを引っ張ると自動的にラッパ傘状のエアクッションが外に向かって開かれ、避難者はそのまま後ろ向きに落ちることになりますが、パラシュート形状のおかげでゆっくりと落ちていき、また着陸時もバルーンのおかげでふわりと着地することができます。

動画では他の形の試験も映されていますが、いずれもバックパックにコンパクトに収まっていながら、高い確率で生存できそうなところがとても素晴らしいですね。

ただ、一つ一人しか救えないということが問題かもしれませんが、一人でも多く救えることに越したことはありません。

よりコンパクトになり、大量に普及するようになればよいですね。

 

関連記事

28 2
わざとじゃないんです。   いつも仲良しのワンちゃんとネコちゃん。 なにやらふたりとも飼い主を見つめています...
48 3
愛犬と愛猫と並んで眠る。それだけでもとてもかわいらしく、羨ましくも思えます。   今回紹介するのはこんな風景。 ...
66 2
眠そうにウトウトしている赤ちゃんは人間でもどんな動物でも手放しにかわいい。 本能的なものでしょうか?小さな命が安心しきって眠りに落...
77 2
食卓に並ぶ頻度がとても多い野菜。トマト。 それはなんといってもそのきれいな赤が料理を彩るのにぴったりだからですよね! でもた...
93 2
27日、佐藤健さんが自身のYouTubeチャンネルで最新動画「念願のルームウェアができました」をアップ。自信がプロデュースするルームウェ...
86 2
国道沿道にある植栽。 道幅が広い国道には大きく育った街路樹が並んでいたりしますが、古い街路樹だと結構な大木に育っていて、業者さんが...
125 2
フォークリフトって、車と違ってハンドルを切ると後ろのタイヤが曲がりますよね。 結果、小回りが効くわけですが、あれって慣れないとなか...
96 2
先日妹から見せられた、バンド「女王蜂」の楽曲を歌うおじさんの『歌ってみた』動画が凄すぎたので紹介しようと思います。 そもそも皆さん...