農林水産省YouTube「BUZZ MAFF」のコラボがすごい!あのイケメン大臣もイラスト化され、名曲も爆誕!!

以前ご紹介した、農林水産省の日本初の国家公務員ユーチューバー「BUZZ MAFF(バズ マフ)」。        過去の記事→ はじけ方が心配なくらいはじけている国家公務員ユーチューバー「BUZZ MAFF」

もうすぐ1年が経とうとしているこのチャンネルも着々とファンを増やし、2021年1月8日現在のチャンネル登録者数は5万8300人となり、私もちょこちょことチェックしていました。(はじけ方が心配とか言って本当にごめんなさい。)

そんな「BUZZ MAFF」が、様々な団体とのコラボを昨年12月に実現しているではないですか!!

タガヤセキュウシュウが環境省とコラボ!あの大臣もイラストに・・・

まずはこちら!↓

        

私の推しメンである、九州農政局の白石さんと現在は東京・霞ヶ関勤務の野田さんの「タガヤセキュウシュウ」のお二人が、環境省とコラボしちゃいました!

テーマは「使用済みプラスチック問題」。農林水産省としては農業用廃プラスチックのリサイクルなどをPRし、環境省としては「海洋プラスチックごみ問題」についての「プラスチックスマート」という対策をPRしたいという狙いがあり、タガヤセキュウシュウの伝統芸・フリップがさく裂!!とうとう、環境省の小泉 進次郎大臣もイラストで登場しちゃってます!

大臣をイラスト化するにあたり、誰が大臣に相談に行くのか会議している場面がリアルです。無茶ぶりに応えただけあって、とっても分かりやすい内容となっています。

TASOGAREが「ひらつかチャンネル」との防災備蓄を訴えるラップ(アンサーソングが神レベル)

もはや私の中ではアーティストであるTASOGAREの松岡さん。普段は、農林水産省 大臣官房 広報評価課にお勤めです。

今回は、神奈川県平塚市の災害対策課の公式YouTubeチャンネル「防災ひらつか」とのコラボなんですが、まずお互いが今回のコラボテーマ「食品備蓄」についてどう伝えるかの対談形式となっています。

        

そして、「食品備蓄」について松岡さんが作ったラップがこちら↓

        

頭の中でリフレインされる「今ココ」のフレーズ、またもTASOGAREの名曲が爆誕しました。が、これで終わりではありません。なんと、「防災ひらつか」がアンサーソングを作ったのです!↓

        

そのクオリティに「コラボしなくても良かったのでは」とつい思っちゃいましたが、おそらくBUZZ MAFFとのコラボがなければ、ぶっちゃけ「防災ひらつか」チャネルの存在も知らなかったわけで、理想的なコラボの形なのかなと深く考えさせられました。

このアンサーソング、絶対プロの手が入ってるやろ!!と突っ込みたいところですが、なんと・作詞・作曲は保険年金課職員 でMV Editorは災害対策課職員だそうで、公務員のスキルの高さどんだけやねん!!と叫びたくなりました。

 

面白いだけでなくちゃんとメッセージも伝わる「BUZZ MAFF」、きっとコラボの依頼が殺到しているでしょうね。今後も要チェックです!!

 

 

関連記事

290
コロナ禍で日本酒がピンチ!業務用を中心に日本酒の国内出荷量、輸出量は大きく減少しているそうです。飲食店が時短や営業自粛だったり飲み会も自...
1383
数多のユーチューバーが存在しますが、国家公務員のユーチューバーをご存じですか? 農林水産省の20代~30代の若手職員が制作している...