この夏、各地で開催が予定されていた花火大会が例のウィルスのおかげで中止となり、おうちで花火を楽しんでいる方もいると思います。
長野県でも「諏訪湖祭湖上花火大会」が中止となりましたが、信濃毎日新聞が同大会の開催日だった15日付の朝刊に、広告特集企画「実験 ARおうち花火大会」を掲載し反響を呼びました。

新聞の全面に夕闇迫る諏訪湖の写真が掲載され、左下のQRをスマホなどで読み取るとARの機能で紙面上に花火が打ち上がるというものです。

使い方は

一、この紙面を壁に貼る。(下の画像をクリックすると拡大されます。F11でフルスクリーン)

二、スマホのカメラでQRを読み取る。(カメラのアプリ使用などを許可)

三、再びスマホを新聞に向ける。

こういうARの使い方っていいですね。

長野県は日本有数の打ち上げ花火の生産地。
諏訪湖祭湖上花火大会は国内最大級の花火大会で、このAR諏訪湖祭湖上花火大会には長野県内の花火師も制作に参加しています。


本物にはかないませんが、こんな花火も楽しくていいなと思いました。

関連記事はありません