シベリアで車を運転するならドリフトスキルが必須らしい

シベリアはロシア領内の北部の地域。

緯度が高く、冬の気温は非常に低い。早いところでは8月から雪が降り、なんと-73度という人類の居住地域における最低気温を記録している。

-20度だとバナナで釘が打てる()のは有名な話ですが、-73度になるともはや全く想像もできません。

そんなシベリア、路面凍結なんて当然、日常茶飯事なわけですからこんなことになります。

 

シベリアではドリフトが必須

 

前の2台、完全に後輪が滑っています。

これは危険!・・・とお思いでしょうが、シベリアの住民にとってこれは当たり前。

なんと殆どの車はカウンターステアをあてながら、ドリフト走行でカーブを曲がっていくのです!

 

動画はこちら!

 

https://www.luisonte.es/post/669309678522662912/conducci%C3%B3n-nivel-easy

 

免許取るときに練習したりするんでしょうか??

普通ならビビってしまって冷静な運転ができなくなってしまうものですが、もはやシベリアでの運転にドリフト走行は必須スキルのようです。

なんだかとっても大変そうですが、シベリアはその寒さ故に、多くの人が一度は肉眼で見てみたい「オーロラ」などの自然現象を多く見ることができるんですよ。

以前、asologyでも「湖の水面に浮かび上がる石。バイカル湖の神秘的な冬。」をご紹介しました。

寒さゆえの魅力。味わえば感動間違いなしですね。ドリフトも慣れると楽しめちゃいそうです。

facebookexternalhit/1.1 (+http://www.facebook.com/externalhit_uatext.php)   

関連記事

29 2
いまやCGやVFXは、映画やCM制作などのプロの世界だけでなく、個人でもスキルが有ればハイクオリティのものが製作可能です。 話題に...
18 2
「ジンバル」とは、撮影時の手ブレや揺れを低減してくれるカメラに取り付ける機械のことで、最近はスマートフォンを取り付けて使うグリップ型のも...
31 2
9人が135時間かけて組み立てたというLEGO製のバイク。使われたLEGOの数はなんと75,000個。価値にするとおよそ280万円だとか...
118 2
Twitterに投稿された、「ラーメン」って言うときだけ低い声が出るヨウムの動画が面白すぎると話題になっています! いろいろしゃべ...
61 2
乗っている車が雪や泥沼でスタックしてしまった時、その車に乗った状態でスタックから脱出する方法があるなんて思っても見ませんでした。 ...
72 2
カレーを食べたい飼い主さんとかまってちゃんな子猫たちの可愛すぎる動画がTwitterで話題を呼んでいます。 かまってほしい子猫たち...
42 2
子どもにとって夢の時間を演出してくれるシャボン玉。 昔は夢中になって遊んだものですが、いまとなってはあんなにベタベタになってしまう...
76 2
ネコの五感で最も優れているのは聴覚。 指向性も強く音源の場所をかなり正確に特定することができ、音の聞き分けの能力も高く、例えば飼い...