シベリアで車を運転するならドリフトスキルが必須らしい

シベリアはロシア領内の北部の地域。

緯度が高く、冬の気温は非常に低い。早いところでは8月から雪が降り、なんと-73度という人類の居住地域における最低気温を記録している。

-20度だとバナナで釘が打てる()のは有名な話ですが、-73度になるともはや全く想像もできません。

そんなシベリア、路面凍結なんて当然、日常茶飯事なわけですからこんなことになります。

 

シベリアではドリフトが必須

 

前の2台、完全に後輪が滑っています。

これは危険!・・・とお思いでしょうが、シベリアの住民にとってこれは当たり前。

なんと殆どの車はカウンターステアをあてながら、ドリフト走行でカーブを曲がっていくのです!

 

動画はこちら!

 

https://www.luisonte.es/post/669309678522662912/conducci%C3%B3n-nivel-easy

 

免許取るときに練習したりするんでしょうか??

普通ならビビってしまって冷静な運転ができなくなってしまうものですが、もはやシベリアでの運転にドリフト走行は必須スキルのようです。

なんだかとっても大変そうですが、シベリアはその寒さ故に、多くの人が一度は肉眼で見てみたい「オーロラ」などの自然現象を多く見ることができるんですよ。

以前、asologyでも「湖の水面に浮かび上がる石。バイカル湖の神秘的な冬。」をご紹介しました。

寒さゆえの魅力。味わえば感動間違いなしですね。ドリフトも慣れると楽しめちゃいそうです。

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)   

関連記事

46 3
「八つ当たり」 すごく嫌な言葉ですが、人は時折間違った言動をとってしまいます。それによって無関係の人を傷つけてしまう・・・なんてこ...
38 3
金曜ロードショーは3週連続ジブリ作品! 先週は、ジブリ映画史上最高傑作(私見)「天空の城ラピュタ」でした。そして、今週は「となりの...
81 3
一度は大空を飛んでみたい。誰もが一度は思う夢。 パラグライダーはそんな夢を叶え、浮遊感を体験できる特別なアクティビティですが、一歩...
74 2
今年4月に、山口県阿武町で起きた『新型コロナウイルス補助金誤送金問題』で、誤って振り込まれた4630万円をすべてネットカジノで使いきり逮...
82 3
以前本サイトでご紹介した「にゃんこライダー」。 ヘルメットを被って飼い主とともにバイクに乗り、ツーリングの途中で休憩する姿...
184 3
余裕で記念撮影なんかしているジェットコースターのスタート前の若い女性。 ジェットコースターがじはじめてだったのか、まさかこ...
180 3
「砂の川」があると聞くと疑問を感じながらも、なんとなく"砂なだれ"のようなものを思い浮かべます。(砂簾(されん)というらしいです) ...