公衆電話がプラモデルみたいになってる。

今回の「プラモモニュメント」のモチーフは「公衆電話」

プラモデル産業で有名な静岡県静岡市がすすめる「静岡市プラモデル化計画」で、5作目となる作品が登場しました。

静岡市は、これまでにも郵便ポストやPR看板などの「プラモモニュメント」を市内に設置してきました。JR静岡駅北口の地下に降りる階段の横にお目見えしたのは公衆電話です。公衆電話の周りには緑色に塗装されたプラモデルのランナーが取り付けられています。

株式会社タミヤの所在地である、静岡市は全国出荷数の80%を占めており「プラモデルのまち」を体感できる地方創生プロジェクト「静岡市プラモデル化計画」を進めていて、今回はもともとあった実際に利用できる公衆電話を改造したとのことです。

作品

模型の世界首都 静岡 (JR静岡駅南口)

模型の世界首都 静岡 (ツインメッセ静岡)

PR看板(JR静岡駅南口)

ポスト(静岡市役所 静岡庁舎 青葉通り側)

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)