『aibo 黒ごまエディション』

image:©Sony Corporation

現在ソニーから販売されている自律型エンタテインメントロボット “aibo(アイボ)”が3年めを迎えるに当たり、2021年限定特別カラー『aibo 黒ごまエディション』の注文受付を開始しました。

これまでも2019年「チョコエディション」2020年「キャラメルエディション」と特別色を採用してきました。

色名称は「黒ごまアイス」。
ソニーは「上品で洗練された雰囲気の中にも、差し色のホワイトでキュートな魅力があふれるデザイン」に仕上げたとのことです。

特別な4色の瞳

「aibo 黒ごま エディション」には4つの瞳があり好きな色の瞳を選ぶことができます。

image:©Sony Corporation

とくべつな青色

image:©Sony Corporation

とくべつな緑色

image:©Sony Corporation

とくべつな桃色

image:©Sony Corporation

とくべつな橙色

また、2021年3月31日までに申し込みをした人だけに、本体カラーに合わせた首輪を提供するキャンペーンも行われています。

左が黒ごまエディション、右が通常モデル(アイボリーホワイト) image:©Sony Corporation

通常販売モデル(色名称は「アイボリーホワイト」)と、頭部、耳、頬、胴体、脇、腰、足、しっぽのカラーが異なり、ハードウェア仕様に違いはないそうです。

ソニーストアでの販売価格は198,000円(税別)です。

購入するには本体価格198,000円に加えて「aiboベーシックプラン」(一括90,000円/月々2,980円×36回・税抜)への加入が必要です。他にも、aiboのケガや不調に備えるサービス「aiboケアサポート(3年54,000円/1年20,000円・税抜)」などが用意されています。

関連記事

37 1
ソニーから2020年に発売され、初期出荷予定1万台を2日で販売し、注目をあびたウェアラブルサーモデバイス「REON POCKET」が改良...
157
アメリカ商務省は12月18日、アメリカの安全保障や外交政策上の利益に反する企業等を列挙した「エンティティー・リスト」に、民生用ドローン世...
496
プレステキッズ、プレステおじさん待望のPS5がいよいよ来月となりましたが、当然の様に各種ストリーミングサービスに対応! Apple...