【特報】「攻殻機動隊」新作TVアニメシリーズが2026年に放送予定

攻殻機動隊(仮)

© 2013-2024 Science SARU INC.

1989年に「ヤングマガジン増刊 海賊版」(講談社)にて士郎正宗さんが原作コミックを発表して以来、押井守監督による「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」(1995年)をはじめ、アニメーション、ハリウッド実写映画などさまざまな作品群を展開し、世界中に驚きと刺激を与え続けてきた「攻殻機動隊」シリーズの最新作がいよいよ2026年に公開されます。

アニメーション制作は『映像研には手を出すな!』などのサイエンスSARUが担当するとのこと。

特報も公開されており、原作コミックの象徴的な場面が登場。新作アニメで描かれるドラマを予感させる映像になっています。

さらに、新作アニメの発表とともに原作者・士郎正宗にさんよる史上最大規模の原画展「士郎正宗の世界(仮)」の開催が発表されました。
同イベントは開催地である世田谷文学館の開館30周年を記念し、2025年春開催予定となります。

続報は「攻殻機動隊」公式グローバルサイトや公式SNSなどで順次公開予定となっています。

また、 昨年2023年11月23日(木・祝)より劇場公開された映画「攻殻機動隊 SAC_2045 最後の人間」(総監督:神山健治 ×荒牧伸志、監督:藤井道人)のBlu-ray Discの商品情報も公開。イリヤ・クブシノブさん描き下ろしイラストによるパッケージデザインに加え、豪華特典満載の仕様になっており、発売は 2024年8月28日(水)を予定しています。

「攻殻機動隊 SAC_2045 最後の人間」

 

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)  / 

関連記事

54 4
「攻殻機動隊 SAC_2045」コラボレーション限定モデル完全受注生産 攻殻機動隊 SAC_2045が11月23日からいよいよ公開され...
487 2
2045年。全ての国家を震撼させる経済災害「全世界同時デフォルト」の発生と、AIの爆発的な進化により、世界は計画的且つ持続可能な戦争“サ...