100mWを50年にわたり供給可能

中国の北京貝塔伏特新能科技有限公司(Betavolt Technology)が超小型原子力電池を開発したことを発表し、2025年中に登場するようです。

image:北京贝塔伏特新能科技有限公司

開発された原子力電池は、ニッケル63同位体と中国では初となるダイヤモンドシリコン(第4世代)モジュールを組み合わせたもので、原子力電池のアイデア自体は1960年代にアメリカとソ連によって広く研究されていますが、巨大で重く高価と難点が多く、航空宇宙用途での利用が中心で、民生用製品は普及していませんでした。

北京贝塔伏特新能科技有限公司の発表文

原子力電池は、主にエネルギー源としてニッケル63、エネルギー変換器としてダイヤモンド半導体を使用しており、直流電源であり、エネルギー貯蔵装置としてスーパーキャパシタを追加することで、より長寿命のパルス電源を生成することができます。この核電池の基本構造には、コンバーター、基板、ニッケル 63 ソース、電池保護層が含まれます。

ニッケル 63 ダイヤモンド ベータ ボルト バッテリーは、ダイヤモンド半導体コンバーターと 2μm 厚のニッケル 63 シートのスタックです。バッテリーはモジュール式です。モジュールは、少なくとも 2 つのコンバーターと 1 層のニッケル 63 で構成されています。それは連続的に積み重ねられています。モジュール グループを形成するには、複数のモジュール グループを直列および並列に接続し、電力を数マイクロワットから数ワットまで設定できます。原子力電池の最小サイズは3x3x0.03㎜(コンバータ2個とニッケル63層1層で構成)で、ダイヤモンド半導体変換素子に入射するエネルギーから判断すると、電池のエネルギー変換率は8.8%に達します。より高純度のニッケル 63 放射線源を使用すると、バッテリーの出力密度がさらに向上します。

- 北京贝塔伏特新能科技有限公司の発表文より -

簡単に言うと、原子力で発電する電池で、モジュール化することが出来ることから、数を揃えればより大きな電力を得ることができるようです。

すでにこの電池は試験生産段階にあり、規制当局の承認が得られれば、最初の製品が2025年に登場する見込みです。

一般に広がることはまだ無いと思いますが、これだけ小型化されれば活用の場は広がるでしょうね。

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)  / 

関連記事

869 3
未来の空を飛ぶホテルのコンセプト動画が話題となっています。 ホテルの名前は「スカイ・クルーズ・ホテル」 Hashem Al-Gha...
133 3
全国で活躍中のサンタさんに向けてお客様相談室からのお願いです! 今年も、子どもたちが楽しみにしているクリスマスの季節がやってまいりまし...