駅ぞば

人が今までやってきた仕事をロボットが担う世界がいよいよ身近になってきました。

JR東日本スタートアップコネクテッドロボティクスが、自動そばゆでロボット「駅そばロボット」を千葉県・海浜幕張駅のそば店に設置し稼働を始めました。

image:©Connected Robotics Inc.

駅そばロボットは、ロボットアームを使って自動でそばをゆで上げるロボットで、アームで生そばをトレイから取り上げて、ゆで、洗い、締めという一連の動作を全自動で行います。従業員1人分の作業をロボットが賄っています。

店員さんは・・・

あとは店員さんが汁や薬味を添えて、お客さんに提供するだけで良いとのことです。また、人によって茹で加減が違ったりすることも防げるので、品質(?)の均一化もできます。

コネクテッドロボティクスでは、他にも

  1. そばロボット(双腕モデル)
  2. ゆで麺機省エネシステム
  3. フライヤーロボット
  4. 残量ウォッチャー
  5. フードスキャンレジ
  6. 食洗機ロボット
  7. ディッシュフリッパー

image:©Connected Robotics Inc.

なども開発しており、お店に入ったらロボットが調理している現場を見ることも多くなるのかもしれません。

同社は

「国内の外食産業では人手不足がますます深刻化しており、調理の省力化や自動化が大きな課題となってきています。当社はその課題に対し、「製造業でのロボット製品開発経験から培われてきたロボット制御のノウハウ」と「ディープラーニングを活用したセンシングと学習技術」の組み合わせでロボットを知能化し、キッチンで働く人々の仕事をサポートし、「働く人と食事をする人の両方に喜びを提供するロボットサービス」の開発を進めています。」としています。

関連記事はありません