絶対症状でググるな

体の調子が悪くなったら

少し前に公開された動画なのですが、スウェーデンのミュージシャンの説得力がすごかったのであらためて紹介します。

皆さんは、体の調子が悪くなったときどうされていますか?
素直に病院に直行するという方もいると思いますが、とりあえずネットで調べてみる、という人もいらっしゃるとおもいます。

しかし、そんな何気ない行動に警鐘を鳴らす楽曲がこちら。
亡くなる直前の父親から、子どもに最期のアドバイスを残しているという設定で、タイトルは「絶対症状でググるな」です。

日本語字幕も登録されています。

『咳』と『病気』でググれば、お前はすでに結核だ

『熱』『発赤』でググれば、お前はエボラにかかって、すぐ死ぬ

『鼻水が出る』でググれば、それは脳脊髄液の漏出

『痒い』『病気』でググれば、アナフィラキシーショックか精神異常

症状でググるとすべてが重症の初期症状として書かれていて、ネット上の情報を信じて落ち込んだりしないようにと注意を促す内容になっています。

スウェーデン人医師

ヘンリック・ワイドグレンさんはスウェーデン人医師、耳鼻咽喉科の医師として働く傍ら、ミュージシャンとしても活動しています。これまでアルバムを4枚リリース、昨年は初めて英語でアルバムを出しました。

楽曲の内容は、医者なだけあってテーマが医療。
例のウィルスにちなんだ「I Am Corona」他、「ER(救急治療室)からのテキストメッセージ」「統計的に重要なラブソング」「赤ちゃんの作り方」といった楽曲が公開されています。

I Am Corona

Text Message from the ER

A Statistically Significant Love Song

How Do You Make A Baby?

Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/96.0.4664.55 Safari/537.36 Edg/96.0.1054.34

関連記事はありません