コロラドリバーヒキガエル

日本で厳しく取締がなされている幻覚剤ですが、アメリカで新たな幻覚剤?が話題となり、行政が注意喚起しています。

問題となっているのはアメリカのアリゾナ州、カリフォルニア州及びメキシコのソノラ州にかけて広がる砂漠に住むコロラドリバーヒキガエルです。

image : Wikimedia Commons

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、ヒキガエルは耳下腺から毒を出して天敵などから身を守っています。
コロラドリバーヒキガエルの耳下腺は特に発達していて、ここから分泌される成分に「5-メトキシ-N,N-ジメチルトリプタミン」が含まれています。

この分泌液は南アメリカの原住民のシャーマンが使用していたもので、強力な幻覚作用をもたらすそうです。

ヒキガエルハイ

近年、この幻覚作用でハイな気分になりたいのか、公園に訪れる人が増加しているそうです。ヒキガエルの分泌液には幻覚剤が含まれており、強力な幻覚作用をもたらすとのこと。リスクも大きく、ヘロインやコカインと同等程度の危険性があるそうです。

効果はなんと1ヶ月

過去にはオランダの大学が実験を行っていて、吸入から1ヶ月が経過していたというのに、ほとんどは「人生の満足感が向上」「心が落ち着いた」「うつ・不安・ストレスが軽減」したと回答しています。

ちなみに米国麻薬取締局の分類では、5-MeO-DMTは規制物質法の「スケジュールI薬物」に分類され、乱用の可能性が高い薬物で、医療での使用も認められていないそうです。

国立公園局の注意喚起[Facebook]

自動翻訳(一部抜粋)

これらのヒキガエルには、強力な毒素を分泌する顕著な耳下腺があります。 カエルを扱ったり、毒を口に入れたりすると、気分が悪くなることがあります。 バナナナメクジ、なじみのないキノコ、真夜中に光る目をした大きなヒキガエルなど、国立公園で遭遇するほとんどのもので私たちが言っているように、なめることは控えてください. ありがとうございました。 トゥート!

画像: アリゾナ州オルガン パイプ サボテン国定公園で、あなたの魂を見つめるソノラ砂漠ヒキガエルの白黒モーション センサー カメラ キャプチャ。

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)  / 

関連記事

27 3
先日、アメリカボーイスカウト連盟が名称を「スカウティング・アメリカ」に変更するというニュースがありました。女子会員の増加を受け、名称から...
120 3
世界で竜巻が最も発生しやすい国は、もちろん竜巻大国アメリカです。 世界の年間竜巻発生数は1500個と言われますが、なんとその約4分の3に...
64 3
ゆっくりと画像が変化するアハ体験動画。今回はアメリカはカリフォルニア州にある世界遺産「ヨセミテ国立公園」です。 どこが変わっている...
700 4
よくぞ金曜日までたどりつきました。 日経平均が4万円台を記録したそうで。円安の影響も大きいかと思うのですが、30年以上最高値を更新...
80 3
ゆっくりと画像が変化するアハ体験動画。今回はアメリカ、ニューヨークの世界遺産「自由の女神」です。実は二回目の登場!一回目はわかりますでし...
36 2
アメリカの置き配泥棒が進化!まるで「メタルギア」のようだと話題になっています! 進化したアメリカの置き配泥棒 アメリカの置き配泥...
51 2
アメリカアラスカ州の人里離れた村保護されたラッコの赤ちゃんが可愛すぎると話題になっています! 保護されたラッコの赤ちゃん Orpha...
48 2
BBCニュースが取り上げた、助手席に大きな「雄牛」を乗せた車のニュースが話題となっています。 助手席に大きな「雄牛」を乗せた車 BB...