蚊に刺されることを防ぐ方法を花王が発見。

のっけから痒くなる写真でごめんなさい。
気温が上昇し夏になるとたくさん現れる嫌な虫「」。屋外での仕事やレジャーの最大の敵であり、感染症を媒介することによって、地球上で最も人類を殺している生き物でもあります。

花王株式会社パーソナルヘルスケア研究所・マテリアルサイエンス研究所が「肌上に低粘度のシリコーンオイルを塗布することで、蚊が肌にとどまらず、吸血を阻害できる」ことを蚊よけ技術を発表しました。

蚊は、吸血対象の肌に降りると、脚先を使って姿勢を安定させます。その後、吸血行動を始めますがした蚊が肌に降り立ってもすぐに離脱させる事ができれば、吸血されることはありません。

image: © Kao Corporation.

特定のオイルでは着地できない

さまざまなものを塗布した表面に対して、蚊が降り立つ挙動をハイスピードカメラにて撮影した結果、水との親和性が低い特定のオイルを塗布した表面からは即座に飛び去り、さらにその後、脚を擦り合わせるようにして付着したオイルをぬぐうような行為も確認されました。

検証映像

蚊の脚は特異な微細構造により、非常に高い撥水性があり、液体が水やグリセリンの場合、液は滴のままで蚊の脚に濡れ広がることはありません。しかし、スキンケア商品にも配合されているスクワランや低粘度のシリコーンオイルに接触すると、液滴が蚊の脚に短時間で濡れ広がることがわかりました。


こういった濡れ現象が起こると、蚊の脚には短時間で液体に引き込まれる負の力がはたらきます。蚊のような小さくて軽い昆虫にとって、この程度の引力でも大変な脅威であり、逃避行動をせざるを得ません。
ヒトの肌を用いた試験では、何も塗っていない場合、とまったメス蚊のうち平均85%が吸血行動を示したのに対し、低粘度のシリコーンオイルを塗布した肌では、平均4%の蚊しか吸血行動を示さなかったそうです。

image: © Kao Corporation.

花王は、

「界面での濡れ現象を利用することで、蚊の吸血から身を守る手法を開発しました。これは、従来の忌避剤(揮発性有効成分、DEET、イカリジンなど)とは異なる作用機序をもつ新たな技術です。本検討で得られた知見を、今後、蚊から肌を守るアイテムの開発につなげ、蚊を媒介とする感染症から人々を守ることに貢献していきたいと考えます。」としています。

新たな商品が開発され、人々が安心して暮らせるよう願わずにはいられません。

関連記事

700
T&Dホールディングス傘下の太陽生命保険は2020年8月18日、新型コロナウイルスなどの感染症に対応した個人向けの入院保険を9月に発売す...
1047
夏本番!! 夏は寒さに怯えなくていいしTシャツで過ごせるし個人的にはいい季節、が、アイツがいるアイツがくる。 あのなんとも不愉快...