ディスプレイを搭載した仏壇「コハコ」

東北新社の映像制作子会社の二番工房(東京・中央)など4社が、故人の映像を再生するディスプレイを備えた仏壇「コハコ」を開発しました。

サイズは幅180mm、奥行180mm、高さ311mmと小さく、ホワイトとグレーの外観はインテリアにもマッチする様にデザインされています。(ブラックもあります)

image:©COHACO Project

インテリア・空間になじむだけでなく、故人の名前を呼びかけると遺影が現れたり、故人が生前に遺したメッセージを受け取れたりするといった機能があります。

コンセプトムービー

 

image:©COHACO Project

スマートデバイスとも連携され、専用アプリで遺影や生前に設定された日にメッセージを表示させるなどの機能があります。また、リモートでの法要サービスも開発中とのことです。

仏壇ってこんなのでいい気がします。

関連記事

43 1
マスクを常用するようになってから1年近く経ちますが、いろいろな弊害があります。 名刺交換をしても相手の顔が覚えられなかったり、スマ...
325
100円ショップを運営する「ダイソー」の新業態「Standard Products by DAISO」が無印良品みたいだと話題になってい...