【絶対にやめて】大掃除に向けて東京消防庁がアルカリ性洗剤の扱いについて注意喚起する動画を公開!

12月に入って今年もあとわずか。そろそろ大掃除を始めようかなんて考えている方も少なくないと思います。そんな掃除に欠かせない「洗剤」の扱いについて注意喚起する動画が、東京消防庁の公式YouTubeチャンネルにて公開されていましたのでご紹介します。

公開されたのは「アルカリ性洗剤をアルミ缶に投入する実験」の映像です。アルミ缶にアルカリ性の洗剤を注いで放置すると、どのような変化が起きるのかを解説・紹介しています。

アルミ缶に注がれた洗剤は、化学反応を起こして徐々に泡立ち、2時間後にはアルミ缶の側面に穴が空いて、中の洗剤が溢れ出してしまいました。
また、ボトル型アルミ缶のフタを閉めた状態で同様に放置すると、2時間後には缶の底が変形。さらにその10分後には缶の内圧が高まり、洗剤を撒き散らしながら爆発してしまいました!実験のために周囲を覆っていたケースも破壊しちゃってます。どれほどの威力なのかがわかりますね。
これがもしポケットやカバンの中で起きたとしたら、大怪我するのは間違いないですね。周りの人に影響を及ぼしてしまうことも考えられます。

実際に、2023年5月、アルカリ性洗剤をアルミ缶に保管したことによってアルミ缶が破裂し、2名のケガ人が出る事故が発生しています。
大掃除に限らずアルカリ性洗剤を別の容器に移し替えるのはとても危険なので絶対にやめましょう!

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)  / 

関連記事

59 2
早いもので今年も残すところ1ヵ月。大掃除の参考になるInstagramアカウント「みーな🏠暮らしの技【掃除|料理|子育て|セキスイハイム...
711
#7199とは 全国16地域にある救急相談センターの電話番号です。 「家族の様子が変、救急車呼んだ方が良いのかな?」 「具合が...