その救急車、本当に必要? まずは#7119

#7199とは

全国16地域にある救急相談センターの電話番号です。

「家族の様子が変、救急車呼んだ方が良いのかな?」
「具合が悪いけど今すぐ病院に行った方がいい?」
こんなとき、すごく悩んでしまいます。
救急車を呼んだが方がいいのか、病院に行った方がいいかなど・・・

そんなとき、専門家からアドバイスを受けることができる電話相談窓口が救急安心センター事業(#7119)です。

#7199と救急車の適正利用「るいちゃん」

東京消防庁は「救急車の適正利用及び「#7199」東京消防庁救急相談センターの認知度向上、利用促進を目的として若い世代に受け入れやすいよう漫画を使用した広報動画を制作しました。
より多くの方に「#7119」を広く伝え、利用していただきたいと思います。」とYouTubeに動画を掲載しました。

救急車が必要なのはどんなとき?(政府広報より)

急な病気やケガをしたとき、救急車を呼んだほうがいいのか迷うことがあると思います。
緊急度の高い症状を紹介しますので、このような症状があった場合は迷わずに「119」番通報して救急車を要請してください。

(政府広報オンラインより引用)

成人版

image:消防庁「救急車利用リーフレット」(成人版)

子ども版

image:消防庁「救急車利用リーフレット」(子供版)

高齢者版

image:消防庁「救急車利用リーフレット」(高齢者版)

全国版救急受診アプリ「Q助(きゅーすけ)」

急に病気やけがをしたときに頼りになるアプリです。当てはまる症状を画面上で選択していくと、緊急度の目安がわかり、必要な対応が表示されます。
緊急度が高いと判定された場合は、アプリから119番に電話できます。また、緊急度が高くない場合は、受診できる医療機関や移動手段(タクシーなど)などの情報を、アプリから検索できます。
スマホにインストールしておいて損はありません。

iOS版 https://itunes.apple.com/jp/app/id1213690742

Android版 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.elmc.emergencyapp

関連記事はありません