【食品ロス削減に貢献】帝国ホテルが耳まで白い食パンを開発!

帝国ホテルが耳切り落とし不要の、耳まで白いサンドイッチ用の食パンを開発して話題になっています!

新食感の白い食パン

サンドイッチを作る時、最後に切り落とすパンの耳。
帝国ホテルでは、その切り落としたパンの耳にはどうしてもサンドイッチの具が付着してしまいどうしても再利用が難しいとして毎回廃棄。その年間排気量は約2.5トンにも達していたそうです。

そこで、SDGsの観点からパンの耳のリサイクル方法を考えるのではなく、廃棄が出ない食パンを開発しようと約半年間の試行錯誤の結果、耳の切り落とし不要の「新食感の白い食パン」を開発したそうです。

「耳まで白い」と言われても、色じゃないんですよねぇ。外側の焼けたぼそぼそしてるのが食べにくいわけで・・・。
なんて思っていましたが、従来の食パンに比べて低温でじっくり焼いて、耳まで白くやわらかくなるのだそうです。

ちゃんと耳もやわらかいなら良かった。

それにしても年間2.5トンも廃棄なんて、凄い量。驚きました。
世の中には私たちが知らないところで、沢山の「本当は食べられる食べ物」が捨てられているのですね。

今後帝国ホテルでは、10月1日から帝国ホテル東京のお店「ガルガンチュワ」のサンドイッチにこのパンを取り入れ、その後レストランや宴会のサンドイッチにも使って行き、2023年中には帝国ホテル東京で提供するすべてのサンドイッチからパンの耳の廃棄をなくすとの事です。

「新食感の白い食パン」についての詳細はこちら↓↓↓
「おいしく社会を変える」食品ロス削減に貢献“耳まで白くて新食感”新たにサンドイッチ用の食パンを開発

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)   

関連記事

44 2
環境負荷が少ない食べ物としても期待され、SDGsと密接な関係があると言われている『昆虫食』。 昆虫食通販サイト バグズファームから、高...
270 3
最近何かと話題のSDGs(持続可能な開発目標)ですが、この夏、手元を涼しげに演出してくれるおしゃれなSDGsのバングルが登場しました。 ...