【朗報】今年は連休多め。

3連休がなんと10回も

皆さんの中には、年が明けてすぐにやることとして今年の連休がどんな感じなのかチェックされている方も多いのではないでしょうか。

昨年(2023)は連休が少ない印象の一年でしたが、今年は3連休がなんと10回もあるそうですよ!

3連休になるのは日曜日に祝日が重なった場合の月曜日が振替休日というパターンですね。

列記すると、
1月8日(成人の日)、2月11日(建国記念の日)、2月23日(天皇誕生日)、4月29日(昭和の日)、7月15日(海の日)、8月11日(山の日)、9月16日(敬老の日)、9月22日(秋分の日)、10月14日(スポーツの日)、11月3日(文化の日)を含む10回です。

気になるゴールデンウィークとお盆休みですが、8月10日の土曜日の翌日に8月11(山の日)が入りますので、12日(月曜日)が振替休日となります。
13日からお盆休みに入るかと思いますので、16日などを有給休暇で取れる方は18日までの休みが可能となり9連休とすることもできます。

GWは、4月27日(土曜日)~4月29日(月曜)までの3連休と5月3日(金曜日)~5月6日(月曜日:振替休日)の4日間で分けられてしまいそうですが、もし4月30日からの3日間も休むとなると10連休が成立します。

年末年始は9連休

本年度最後のお休みとなる年末年始は12月27日が仕事納めとなり、年が開けた2025年は1月3日が金曜日となりますので、1月5日(日曜日)までの9連休となります。

しかし、正月明けに5連勤ですので、今年のように2日働いたら3連休にはならないので、体を壊さないか心配です。

 

 

 

 

 

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)  / 

関連記事

93 3
今年のゴールデンウィーク、長い方は10日という方もいらっしゃったようですが、体調はいかがでしょうか? 連休が終わると気になるのが次...