back numberの応援ソングが泣ける~水平線~

コロナ禍で今年は春・夏の甲子園やインターハイ、中体連などのスポーツ関連の大会が軒並み中止となりました。特に中高の3年生は、これまでの集大成として夏の大会のために頑張ってきたのに、目標が無くなり行き場のない悔しさや怒りを抱えているはずです。

そんな中、若者に人気のアーティスト・back numberが8月18日に「水平線」という曲をYoutubeでサプライズ発表しました。

この日は、本当ならばインターハイの開会式が群馬県で開催される予定でした。その開会式ではback numberの「SISTER」という曲が演奏される予定で、そのことを運営を担当する高校生たちからの手紙で知ったback numberの清水依与吏(Vo・G)さんが高校生たちのために何かできないかと急遽制作されたのがこの「水平線」です。群馬県は清水さんの故郷で、自身も高校生の時は陸上でインターハイを目指していたそうです。

一人の女子高生が登場する映像では、横断歩道や学校のグランド前を歩く少女の後姿を追いかける構成で、最後には海にたどり着き悲しい表情で叫んでいます。目標となる大会が無くなり、やり場のない気持ちをどうしたらいいか苦しんでいる姿にback numberの歌詞が寄り添い、とても感動する応援ソングとなっています。

Youtubeのコメント欄にも、たくさんの高校生からの声も寄せられています。CDや配信リリースの予定はないとのことですが、応援ソングとして多くの人の心をつかむ名曲だと思うので、ぜひリリースしてほしいです。

関連記事はありません