【立ち合い出産】夫と痛みをわかちあう「アステカ式陣痛緩和法」がなんか素敵!!!

出産の痛み・・・。あれは経験した者にしかわからない痛みですよね。そこでその痛みを夫とわかちあえる「アステカ式陣痛緩和法」をご紹介したいと思います!

私も数十年前出産を経験しましたが、陣痛に2日間苦しみました。立ち合い出産で夫がそばにいてくれて「頑張れ、頑張れ」とはげましてくれましたが、あまりに痛くてどうして私だけがこんな目に・・・と夫にイライラ。ゲシゲシと夫を蹴って気をまぎらわせたのを思い出します。

そこで今回ご紹介する「アステカ式陣痛緩和法」は、立ち会ってくれた夫と痛みをわかちあう斬新な方法なので、是非可能であれば実践していただければと思います!

アステカ式陣痛緩和法

My pregnant wife sent this to me at 2:12am this morning. I’m going to guess that my snoring was quite bad last night. from r/funny

メキシコ中西部、ナヤリット州やハリスコ州をまたぐ「シエラマドレ山脈」の周辺に暮らす先住民「ウチョル族」による方法で、陣痛中の妻の真上で夫は睾丸にロープをくくりつけて待機し、そして妻が痛みを感じた時そのロープを引っ張るという仕組みなのださそう。

百聞は一見に如かず・・・

もうこの↑↑↑図のまんまですね・・・

タマタマ痛そう 涙 というかタマタマとれちゃうと思う・・・涙

これだけ陣痛は痛いという事ですね。是非出産した奥様を労わっていただければと思います。

ちなみにこの「アステカ式陣痛緩和法」については、空想の絵画だと言う人もいれば、http://www.weirduniverse.net/blog/comments/couvade_syndrome/←このように真実だと主張する人もいて真意の程はわかりませんが、私はとっても素敵な方法だなって思いました!

関連記事

96 2
女性のストレスを解消する画期的(にみえる)なグッズが話題になっています。     可愛いピ...