日本国民、いや全人類の気持ちを代弁した広島県観光連盟の熱い広告が話題

広島県観光連盟が12月21日から東京駅、渋谷駅、大手町駅、池袋駅、横浜駅、新宿駅の計6駅で展開している広告が話題となっています。

本来ならば、年末年始は広島へ帰っておいでという帰省応援の内容だったそうですが、コロナ禍で変更。この一言に、たくさんの怒り・悲しみが込められていて、一緒に「ばかたれーーー!!」って叫びたくなります!!

【記事全文】
ばかたれーっ!!

ふーっ、ふーっ……いきなり取り乱して大変失礼しました。広島県観光連盟です。実はわたしたち、東京に住む同郷のみなさんへ、「帰っておいで」と帰省応援のメッセージをお届けする予定でした。でもまたコロナウイルスのせいで、お蔵入りに……。一体いつになったらみんなに安心して帰っておいでと言えるのか。本当に寂しくて、悔しい想いです。だから、今回ばかりは叫ばせてくれませんか。コロナウイルスのばかたれーっ!!わしらは負けんけえー!!!!…って。東京に暮らしている広島人のみなさん、なかなか会えんのは寂しいけれど、こっちはこんな感じで元気にやっとるよ。みなさんの帰る場所は、絶対、無くなりゃあせん。じゃけぇもうひと踏ん張り、一緒に頑張ろうや。また会えるのを、待っとるけぇ。

広島に限らず、日本全国で年末年始の帰省を悩んでいる人たちにグッとくる言葉です。

関連記事

167 4
DigitalTwin(デジタルツイン) そもそも、デジタルツイン(DigitalTwin)とは、現実の世界から収集した様々なデータを...