昭和レトロなカプセルトイ

企業のプロダクツをミニチュアフィギュア化しているケンエレファントから、2023年に創業100周年を迎えるタイガー魔法瓶の1970年~80年代に作られた、炊飯電子ジャーなどがカプセルトイになって登場します。

© Kenelephant Company.

今となっては、懐かしい商品ばかりですが、今でも現役で使っているご家庭もあるかもしれません。

商品ラインナップ(全4種)

タイガー レトロ看板

1961年(昭和36年)に改定したPRマークが目印の、特約販売店で当時使用されていた看板です。

「タイガー魔法瓶」の文字は立体的な造形になっています。スイッチを入れると光るライト式で、背面にはマグネットが付属しているので、鉄製の壁面にくっつける事ができます。

© Kenelephant Company.

タイガー 炊飯電子ジャー炊きたて

「タイガー 炊飯電子ジャー炊きたて」は蓋が開閉する仕様で、好みに応じて釜の中に付属の「ご飯パーツ」をセットできる。そのほかしゃもじ、茶碗が付属する。

© Kenelephant Company.

タイガー エアー押すポット

1974年(昭和49年)発売。ポットを持ち上げずに注げる、空気圧を利用したエアー給湯方式ポットの第1号商品。使い勝手と安全性の両面で新しい時代を築いたエアーポットは、その形状はもちろんのこと、注ぎ口の細かい造形・パーツの塗り分けにこだわって開発したとのこと。

取手は前後に動かせるようになっています。付属品のコップ(2個)がいい感じです。

 

© Kenelephant Company.

タイガー カセットコメスター

計量米びつ「タイガー カセットコメスター 品番:RBO型」は、窓のクリアパーツの裏側を白色で塗装し、中に米が入っている様子を表現。米受けは開閉式で、「お米パーツ」の脱着により米の量をはかる前後のシーンを再現しています。

© Kenelephant Company.

概要

素材:ABS、PVC、電池、LED、磁石
販売方法:カプセルマシン(カプセルトイ) / ブラインドBOX
販売価格:カプセルトイ 1個 500円(税込) / ブラインドBOX 1個 550円(税込)
販売場所:全国のカプセルトイ売場や雑貨店、ホビーショップ、ロフト一部店舗、一部書店、オンラインショップ、ケンエレスタンド秋葉原店・新橋駅店・新小岩駅店・グランスタ東京店、ケンエレラグーンなど
企画制作・発売元:株式会社ケンエレファント

キッチンの片隅に飾ってみるのもいいかもしれませんね。

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)   

関連記事

627 3
DOTOWN(ドッタウン) ゲームグラフィックで多用された、ドット絵。ゲームをしたことがある人なら一度は目にしたことがあると思います。...
53 2
魔法瓶の老舗タイガーから、国内メーカー唯一(2022年1月11日現在)の真空断熱炭酸ボトルが開発され1月21日から発売されます。 ...
334 2
子どもの頃お世話になった方も多いかと思われる、どうぶつのりの「フエキくん」の展示販売イベントが名古屋パルコ南館2Fにて2021年8月28...
2520 2
ロッテの人気ガム「スウィーティガム」「アセロラガム」「スペアミントガム」が復刻!通販以外では、ダイソーで先行販売されています! ロッテ...
1036 2
ついに来ましたね!ここ最近は中型のオーセンティックなネイキッドを出してこなかったホンダから、満を持して登場です。 写真は「GB3...