【職人技!】全て同じ色だけど光の反射を利用した「構造色」の畳が凄いと話題!

全て同じ色の畳なのですが、畳表の光の反射を利用した「構造色」が美しいと話題になっています!

「構造色」を利用した美しい畳

私もどうお伝えした方が良いものか、「同じ色」だけどとか、「光の反射を利用」とか「構造色」が美しいと言われてもピンとこないかと思いますので、百聞は一見に如かず、まずはご覧ください。

コレコレこれです。色んな色の畳に見えますけど、実は畳自体は同じ色で、ただ、畳表の向きなどを変えて光の反射の度合いを変えてあります。

同じ色なんて思えない。光の反射って面白いですね。

この畳を制作しているのは、「山田憲司」さん。
Xのプロフィール欄には、【京都芸術大学イラストレーション1期生】とありました。

私が驚いたのはこちら。丸い畳を回したら、内側から光のように光っているように見えます。

「山田憲司」さん他にも、こんな龍の畳も作られています。
こちらも綺麗ですね。

そして、2024年7月には名古屋のしゅもく館で展覧会を開かれるようです。
実際に光の加減をみてみたいですね!

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)  / 

関連記事

179 2
個人的には、イワシやイナゴなど魚や虫の大群は割と記憶にありますが、鳥の大群が一体的に動くというのは記憶にありませんでした。 その一...