【体験型アート】京都高島屋で動きに合わせて変化する光とアートの体験型展示「光と遊ぶ超体験型ミュージアム 魔法の美術館」開催

長い人で10連休となる今年のGW、皆さん予定はもう立てていますか?

京都高島屋S.C.では、光とアートを融合した体験型展示「光と遊ぶ超体験型ミュージアム 魔法の美術館」が、2024年4月24日(水)から5月6日(月・休)まで開催されます。

「光と遊ぶ超体験型ミュージアム 魔法の美術館」は、観る人の動きに合わせて表情を変える作品と出会い、まるで自分が魔法使いになったかのような体験が楽しめる展覧会で、これまで東京や長崎、神戸など日本各地で開催されています。

京都で開催される今回は、京都府初公開の作品を中心とした15作品がラインナップしており、どれもこどもから大人までが直感的に楽しめる、心踊る作品になっているとのこと。

その展示の一部分をご紹介します。

ユビサキに咲く

壁面に手をかざして動かすと、万華鏡のように花びらが描かれ、少しずつお花畑が広がっていきます。

展覧会の絵

壁に掛けられた絵画の前に立つと、自分の絵の中の人物になって自由に動いたり周囲の物に触ったりすることができるまさに魔法のような仕掛けが。

他にも、ボールを投げると、ボールが当たった場所から音や光が広がっていく展示や動きまわる「的」にボールを当てると、色とりどりの光の粒が噴水のように吹き上がる展示など、魔法使いになった気分が味わえる、ワクワクが止まらない展示が用意されています。

入場料は、当日券 一般 1,000円(800円)、高校・大学生 800円(600円)、小・中学生 600円(400円)、未就学児以下は無料となっています。(※小学生以下のお子さまは安全のため保護者同伴が必須となりますのでご注意を)

ぜひご家族やお友達、恋人とのGWの思い出にいかがでしょうか。

↓詳細はこちら↓

「光と遊ぶ超体験型ミュージアム 魔法の美術館」特設サイト
CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)  / 

関連記事はありません