「2020年、今年販売苦戦したランキング」発表!

今年は例のウィルスが蔓延したおかげで、私たちの衣食住についても大きく変化した年になりました。

調査会社のインテージが全国約4,000店舗より収集した小売店販売データを元に、例のウィルスで揺れた今年、日用消費財の販売にどのような変化が生じ、苦戦したカテゴリーがあったかを推定販売金額から振り返る「2020年、今年販売苦戦したランキング」を発表しました。

ドラムロール・・・

30位から21位は・・・

順位 カテゴリー 金額前年比(%)
30位 中性洗剤 91
29位 キャンディ 91
28位 キャラメル 91
27位 アウトバスヘアケア 90
26位 化粧水 90
25位 マニキュア 90
24位 目薬 90
23位 外用鎮痛消炎剤 89
22位 美容液 89
21位 使い捨てカイロ 89

続いて20位から11位

20位 眉目料 88
19位 スポーツドリンク 88
18位 制汗剤 88
17位 パック 87
16位 果汁飲料 87
15位 乳液 85
14位 ミニドリンク類 85
13位 鼻炎治療剤 83
12位 コンタクト用剤 83
11位 チューインガム 82

10位から1位の発表。

10位 ビタミンB1剤 81
9位 総合感冒薬 79
8位 鎮咳去痰剤 79
7位 おしろい 79
6位 化粧下地 72
5位 ファンデーション 68
4位 ほほべに 66
3位 強心剤 63
2位 鎮暈剤 54
1位 口紅 44

販売額が前年比44%と一番落ち込んでいるのが口紅です。多くの女性がマスクを日常的に着用するようになり、口紅を使わない人が増えてしまいました。
続く商品科目にも化粧品が並んでおりテレワークの普及により外出の機会が少なくなった結果と言えます。

2位にある鎮暈剤(ちんうんざい)ですが、めまいの症状を改善する薬物で主に乗り物酔いの薬に含まれていて、乗り物を使って外出する機会が減った為、売上を落としてしまいました。

感染予防のため、マスクの着用、手洗い、3密の回避などを行った結果、それを裏付けするように9位・総合感冒薬は79%の販売金額となりました。

調査結果から見えるポイント

インテージは調査結果のポイントを、以下のようにまとめています。

  • 新型コロナによる行動、生活の変化が直撃。外出や旅行の自粛、マスク着用、衛生意識など影響
  • 1位・口紅は約半減。化粧品は10位までに5つランクイン
  • 2位・鎮暈剤(酔い止め薬など)は移動、旅行の自粛が影響。インバウンドの減少で苦戦の市販薬も
  • 9位・総合感冒薬は、コロナ対策により風邪の減少が要因に
  • ステイホーム、在宅勤務などの影響は食品、飲料、雑貨などでも

としています。

関連記事はありません