カセットテープの再生に加え簡単にデジタル化できるカセット変換プレーヤーがサンワサプライから発売。

今ではあまり見かけることがなくなったカセットテープですが、まだまだ現役で利用されている方もいらっしゃると思います。

カセットテープの問題点に「かさばる」という事と、磁気テープの損傷、再生機器の劣化などがあります。それを解決すべく様々な方法でのデジタル化(データ化)などがすすんでいます。

サンワサプライ株式会社は簡単にカセットテープをUSBメモリまたはmicroSDにデジタル保存でき、乾電池またはAC電源で使える取っ手付きカセット変換プレーヤー「400-MEDI051」を発売しました。

400-MEDI051

(c) サンワサプライ

商品特長

●データを半永久的に保存
昔のカセットテープが家で眠っていたり邪魔になっている、カセットテープの劣化を防ぎたい方におすすめ で、 簡単にUSBメモリまたはmicroSDにデジタル保存できるカセット変換プレーヤーです。

(c) サンワサプライ

●ボタンを押すだけの簡単操作
本製品にカセットテープをまずはセット。次にUSBメモリまたはmicroSDカードをセットして、あとは、録画ボタンを押すだけの簡単操作で使用することがきます。

(c) サンワサプライ

●カセットプレーヤー機能付き
カセットプレイヤーとしてももちろん使えるので、懐かしい音楽をすぐ楽しめます。また、イヤホンをつないで聴くことも可能です。

(c) サンワサプライ

●電源は選べる2WAY!
電源は単二乾電池×4本(別売)または付属のACコンセントの2通りで使用できます。マイクを内蔵しているの  で、カセットテープに音声を吹き込むことができます。

(c) サンワサプライ

●引っ掛けて吊るしたり、持ち運びに便利な取っ手付き
便利な取っ手付きで手軽に持ち運び、吊り下げて設置することが可能です。

(c) サンワサプライ

機械が苦手なお年寄りにも良さそうな商品です。カセットテープを使われている方へのプレゼントとしても喜ばれるのではないでしょうか。

サンワダイレクト
CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)  / 

関連記事

92 3
Z世代にはわからないかもしれませんが、音楽を聞いたり会話の録音に非常に重宝したカセットテープ。今では、あまり見かけなくなってしまいました...