エアコンの室外機をぬれタオルで冷やす?

「調子良くなった。」

先日、「快適に眠れる上手なエアコン活用方」をご紹介しましたが、SNS上で室外機の上に濡れたタオルを置いて冷却効率を良くしようとする人がいるようです。
実際に試した人は「調子良くなった」という声も聞かれますが、実際にはどうなのでしょうか?

空調メーカーでは室外機の上には物を置かないでほしいとのことですが、「理論的には冷房の効きがが良くなる可能性はあります。」とのことです。

拡散されているのは水で濡らしたタオルを室外機の上に載せ、さらにそのタオルの端を隣に置いた水の入ったバケツに浸すことで、常時タオルがぬれた状態に保つという方法です。
これにより、タオルに含まれた水が気化する際に天板の熱を奪い、天板の温度を下げるというものです。

 

メーカー推奨の効率アップ方法

1.効率的な使い方は、まず吹き出し口の前に物を置いたりカバーで覆ったりせずに、室外機の周囲にはスペースを空けることで、近くに物があると熱がうまく逃げられなくなってしまいます。

2.室外機を日光に当てないこと。木を植えたり、「すだれ」や「よしず」で日差しをやわらげることを推奨しています。なお、室外機を冷やすために直接水をかけることはNG。
メーカーは故障の原因になる可能性があるとしています。

image:daikin.co.jp

SNSでは


あと、忘れちゃいけないのがエアコン本体のフィルター清掃です。
それでも冷えないときはガスが漏れてることもあるので、冷えが極端に悪いときは町の電気屋さんにみてもらうことも考えましょう。

関連記事

35 1
5月の連休も終わり、いよいよエアコンが活躍する季節が近づいて来ました。 「スイッチオン! キャンペーン」 空調機器大手のダイキン工業...
400
ミニ・クーパーとは言いましたが、クラッシックMINIのことです。 そうあのかわいいデザインで多くの人に愛されてきたイギリスの名車です。...
130
長い梅雨が明けましたね。 嫌な季節が過ぎたら、今度は猛暑。 暑さで眠れないよ~という人も多いのではないでしょうか。 、一気に暑...