快適に眠れる上手なエアコン活用方

長い梅雨が明けましたね。
嫌な季節が過ぎたら、今度は猛暑。
暑さで眠れないよ~という人も多いのではないでしょうか。

、一気に暑くなった今年の夏。暑さで寝苦しい……という人も多いのではないでしょうか。
エアコンを活用した暑い夜でも快適に眠るためのコツを探ってみましょう。

快適にするには温度だけでなく湿度も重要

一晩中エアコンを使う人は温度を28°以上に設定した除湿運転がおすすめです。

image:DAIKIN

設定温度は28度以上に設定し、除湿運転で湿度設定を50~60%に下げましょう。
湿度(しつど)を下げることにより、体温を冷やしすぎずに体感温度だけが下がり、入眠直後の汗をしっかり乾かすことができるため、眠りやすい環境になるそうです。

エアコンをつけっぱなしにしたくない人『お好みの温度 & 切りタイマーを3時間』に

 

image:DAIKIN

就寝直後は汗が多くなる傾向にあります。
タイマー運転で部屋を冷やすことで、湿度(しつど)もコントロールされ、汗を乾かすことができ、入眠直後に眠りやすい環境になります。
「切タイマー」は3時間がおすすめです。入眠直後の深い睡眠(平均的な睡眠周期は90分で1周期と言われています。)が温度変化で阻害されることなく2周期確保できるために、前半の深いノンレム睡眠が安定的に取れます。

冷やし過ぎによる不調を防ぐには

エアコンを連続使用しながら眠った翌日に、体調が悪くなったり、体がだるくなったという人もいるはずです。
だるさや体調不良を感じる原因は、エアコンによって過度に室温が下がったり、薄着で露出した部分にエアコンの冷たい風が当たったことによる体の冷えです。
室温を下げ過ぎず、湿度を調整することが、翌日の不調を防ぐポイントです。

それでは、快適な夜をお過ごし下さい。

関連記事

24 1
5月の連休も終わり、いよいよエアコンが活躍する季節が近づいて来ました。 「スイッチオン! キャンペーン」 空調機器大手のダイキン工業...
381
ミニ・クーパーとは言いましたが、クラッシックMINIのことです。 そうあのかわいいデザインで多くの人に愛されてきたイギリスの名車です。...
388
「調子良くなった。」 先日、「快適に眠れる上手なエアコン活用方」をご紹介しましたが、SNS上で室外機の上に濡れたタオルを置いて冷却効率...