「紙で欲しい」と言われたら!Webレターで完結。

デジタル化したいのに・・・

政府が主要な政策の1つとして掲げる「行政のデジタル化」で「脱ハンコ」などが推し進められていますが、請求書や見積書などをメールで送っても、最終的には印刷された紙媒体を請求されることが多いと思います。

発送先が少なければ、時間もあまりかからないかもしれませんが、件数が多いと大変です。

そこで、郵便局のサービスであるWebレターを使ってみてはいかがでしょうか。

Webレター

郵便局の「Webレター」は、WordまたはPDFファイルを専用サイトにアップロードし、差出人・宛先を入力するだけで、文面印刷・宛名印刷・封筒詰め・切手貼り付け・発送・配達までを日本郵便が一括で行う、郵便発送サービスです。
急なお知らせや案内状、通知書、毎月の請求書・会報等の大量発送業務を、日本郵便が1通99円から代行してくれます。
完全自動化された機械で印刷・封入・封かん作業を行っており、封筒詰め等の人的ミスの心配はありません。

image : (c) JAPAN POST Co.,Ltd.

紹介動画

便利機能

差込差出し機能

image : (c) JAPAN POST Co.,Ltd.

差込差出しとは、作成した本文に差込情報データファイル(CSVファイル)を差し込むことにより、1回のお申し込みで宛先別に内容の異なる郵便物を発送することができるWebレターの機能です。宛名や金額など文面が異なる文書も最大9,999通まで一斉に発送ができますので、大量の郵便物を発送する企業・自治体には大きなメリットがあります。

アドレス帳機能

CSVアップロードもしくは画面入力した住所録をWebゆうびんのサーバ上に保存することで、住所録を管理することのできるWebゆうびんの機能です。グループ別管理が可能で、発送時のあて先として選択できるため、Webレターで同一文面を大量発送する際に便利です。

販売管理システム連携サービス

本サービスと連携している販売管理システムでWebレター用ファイルを作成し、アップロードするだけで簡単に郵便が発送できます。
2017年10月現在、連携している販売管理システムは下記のとおりです。
・株式会社オービックビジネスコンサルタント社製:「商奉行i11」
・株式会社特攻店長社製:「特攻店長ver4.5.0~」

企業様向け WebAPI連携

Webレターを大量に発送する企業様向けに、専用ファイルを画面からアップロード、または、WebAPIでデータ送信する発送方法も用意されています。

気になる料金

Webレターなら、用紙印刷・宛名印字・封筒詰め・郵送のすべてが 1通99円(税込) から発送できます。
利用料金 1ページ 追加 2~8ページ
A4 白黒印刷 99円(税込) 5円(税込)/1ページ
カラー印刷 146円(税込) 52円(税込)/1ページ

  • A4用紙に片面印刷します。
  • 発送時に使用する封筒は、当社製のWebレター封筒に限ります。
  • 返信用封筒等の同封はできません。

時間的なコストも削減できますし、料金も思ったほど高くはないので利用してみてはいかがでしょうか。

post.japanpost.jp/service/webletter/
CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)   

関連記事

724
家庭でもプログラミング 子どもに「プログラミング的思考(論理的思考力)」を身につけさせることを目的に、小学校ではプログラミングの基礎を...
647
コロナ禍、ここぞとばかりにこの「FREENANCE」のバナーを目にしました。 個人事業主の方は、すでにご存知でしょうが・・...