【朗報】Googleマップ上で駐車料金や公共交通機関の支払いが完了!

アメリカだけなのがすごく残念なのですが、Googleマップ上で駐車場や公共交通機関の運賃の支払いができるようになったそうです。

Googleの記事

例のウィルスの影響で非接触がトレンドとなり、多数の人が触る公共の設備(券売機のボタンなど)を触らないようにすることはもちろんですが、駐車時間の延長などがスマホで完結してしまうありがたい機能です。

image:blog.google

まず、ボストン、シンシナティ、ロサンゼルス、ニューヨーク、ワシントンDCを含む400の都市でパーキングソリューション会社のPassportParkMobileと提携し、Googleマップ上でパーキングのメーター番号、駐車時間を入力し、「支払い」ボタンを押すだけで料金支払い完了できるようになります。駐車時間延長の場合もわざわざPメーターに戻る必要もなく、Googleマップ上で時間追加を設定するだけです。

また、Googleマップから公共交通機関の運賃をGoogle Payで決済し乗車できる機能も実装。世界80以上の都市に対応ししており、事前に運賃を知ることができるほか、サンフランシスコのベイエリアではスマートフォンがチケットとして機能するとしています。

公共交通機関の支払いはGoogle Payに登録したクレジットカードから支払われます。

image:blog.google

これが日本でも採用されればと、願わずにはいられません。

関連記事

26 1
Googleが提供しているバーチャル地球儀「Google Earth」が地球環境の変化(温暖化)を36年分の衛星写真をタイムラプスで公開...
573
Hum to Search 期待のGoogle検索の新機能「鼻歌検索(Hum to Search)」が日本でも提供が開始されました。 ...