日本の「やきとり缶詰」を外国人宇宙飛行士が評価!国際宇宙ステーションに搭載される

株式会社ホテイフーズコーポレーションが手掛ける『ホテイやきとり(たれ味)宇宙用』と『ホテイやきとり(柚子こしょう味)宇宙用』が、海外宇宙飛行士の宇宙食(ボーナス食)に選ばれ、国際宇宙ステーション(ISS) に搭載されました。

ホテイやきとり

株式会社ホテイフーズコーポレーション

宇宙食には「標準食」と「ボーナス食」があり、「ボーナス食」とは「標準食」とは別に宇宙飛行士個人が選んで持っていくとができる宇宙食です。

これまで『ホテイやきとり』は、日本人宇宙飛行士には以前からボーナス食として食べられていましたが、今回海外宇宙飛行士による試食等の評価が行われ、ISS 搭載品として選ばれました。その結果、宇宙日本食が初めて、国際宇宙ステーションに滞在している海外宇宙飛行士向けのボーナス食としてISS に搭載されることになりました。

宇宙食に認定されるには、「宇宙空間で飛び散らない」「常温で1 年半以上の賞味期限」「限られた設備で調理可能」といった基本条件の他、「宇宙日本食認証基準」を満たすべく、書類審査や1 年半の保存試験、審査機関立会いの工場検査など厳しい条件を乗り越えなければならず、そのためこれまで認証された宇宙日本食の多くは宇宙専用商品であったり、市販品の仕様や製造工程、包材などを宇宙用にカスタマイズされているそうです。

しかし、この「やきとり缶詰」は、市販品が基本条件をクリアしているだけでなく、製造工程、特に衛生管理面もJAXA基準を満たしているので、地球で食べている市販品と宇宙で食べられている商品の違いはパッケージのデザインだけで、スーパーに並んでいるこの市販品は「宇宙レベル」で食べられる高度な技術の詰まった商品ということになります。

日本の技術として誇らしくもあり、現在宇宙での長期滞在ミッション中の若田宇宙飛行士も宇宙でこのやきとり缶を食べているかもしれないと思うと、小さい缶詰に大きなロマンを感じますね。

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)  / 

関連記事

75 2
ラフ画とともに投稿されたこちらのミニチュア作品。 #このタグを見た人はラフ画とその完成絵を見せる 図書缶。 pic.twitte...