OpenAI 画像生成AIに電子透かしを埋め込む。

電子透かし

色々な媒体で見かけることが多くなった生成画像ですが、OpenAIは画像生成AIの「DALL-E 3」で生成された画像に対し、電子透かしをメタデータに埋め込むことにより、AIが生成したコンテンツなのかの識別が容易になるとしています。

AIによって生成されたコンテンツの特定は、AIに関するバイデン政権の大統領令の主要な指令の1つで、AdobeやMicrosoftなどの企業で構成されるグループであるC2PAは、コンテンツの出所を特定し、それが人間によって作成されたのかAIによって作成されたのかを示すために、コンテンツ認証情報ウォーターマークの使用を推進しています。

■C2PAとは

—C2PAとは、出版社や企業などが画像に対しメタデータを埋め込むことで、画像の情報源や関連情報を確認できるようにする技術標準です。—

電子透かしを埋め込まれた画像には、メタデータにC2PAが追加されるほか、画像の左上隅にAIが生成したことを示す日付などが表示されるようになります。また、OpenAIが提供するContent Credentials Verifyを利用することで、画像の生成に使ったツールや生成された正確な日付などを確認することが可能となります。

OpenAI © 2015 – 2024

しかしながら、OpenAIは「C2PAのようなメタデータは、生成した画像のスクリーンショットを撮るなどのアクションを行うことで簡単に取り外すことが可能であるため、C2PAがAI生成画像に関する問題の特効薬となるわけではありません。それでも、これらの方法を採用することが、デジタル情報の信頼性を高めるための鍵になると信じています」としています。

現在のところ、画像のみの対応で動画やテキストに付与することが難しいようですが、いずれは解決されていくことでしょう。

 

 

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)  / 

関連記事

132 2
ChatGPTがとんでもない進化!手書きの絵からHTMLを生成し話題となっています! 新しいAIモデル「GPT-4o」 Op...
40 1
PLAUD NOTE「プラウドノート」 会議の議事録の記録作業で活躍するボイスレコーダーですが、どうしても文字起こしや要約する作業が必...
67 3
森永乳業は、人類とAIによる料理対決として 「クラフト バジルフレッシュモッツァレラ」を使ったアレンジレシピ対決を3月25日(月)に実施...
52 3
AI画像認識を活用して「きのこの山」と「たけのこの里」が写る写真から「きのこの山」だけを消すシステムが開発され話題となっています。 ...
38 2
パートナーとの出会いをお手伝いする「マッチングアプリ」を東京都が制作中!2024年度から公開とあって話題となっています! 東京都が「マ...
76 2
波乱の人生を歩んできたからこそ、説得力ある言葉の数々で私たちを魅了するデヴィ夫人。そんなデヴィ夫人の人格を、ChatGPT・AI技術を駆...
53 2
対話玩具「Grok」シリーズ インターネットに接続してAIとお話を楽しめるぬいぐるみが登場しました。 これまでも対話ができるおも...
67 2
AI技術を「社会課題解決」へ展開開始 株式会社PKSHAグループと株式会社内田洋行が子どもの不登校をAIで予測システムの開発を行ってお...