主婦「無農薬、無添加じゃないとガンになる!」学者「ほぼ無関係やで!」

現在でも死因のナンバーワンは、圧倒的に悪性新生物(腫瘍)、つまり癌(ガン)です。

全死亡者に占める割合は24.6%で、2位は心疾患(高血圧性を除く)(同14.8%)、3位は老衰(同11.4%)となっています。(厚生労働省:令和4年(2022) 人口動態統計月報年計

そのため、やはり人類が癌に怯えてしまうのは仕方のないことだと思います。

その心情を悪用し、恐怖心をいたずらに煽り、ビジネスに繋げようとする悪質な広告が溢れいます。

JCPA農薬工業会によりますと、

主婦にがんの原因として考えられるものについてアンケートを取った結果、主婦ががんの原因として挙げたトップ3の要因は、「食品添加物(43.5%)」、「農薬(24%)」、「たばこ(11.5%)」の順でした。一方、疫学者の評価では、「ふつうの食べ物(35%)」、「たばこ(30%)」、「ウィルス(10%)」の順で、農薬はがん発生要因に入っていません。(出典:JCPA農薬工業会

主婦へのアンケート結果

1位:食品添加物
2位:農薬
3位:タバコ
4位:大気汚染・公害
5位:おこげ

タバコが一位になるかと思いましたが、主婦たちの関心は主に添加物や農薬といったものに向いているようです。

ですがなんと、学者たちの評価では、添加物や農薬の影響は1%以下。むしろ「ふつうのたべもの」が一位となっています。

疫学者の評価

1位:ふつうのたべもの
2位:タバコ
3位:ウイルス
4位:性生活・出産
5位:職業

 

出典:JCPA農薬工業会

 

報道や広告でよく耳にし、まるで毒のように言われている、食品添加物や農薬。

食料品の広告には、「無添加」「無農薬」を謳ったものが比較的高級品として売られ、好んで買う人もたくさんいます。

もちろん、含まれていないに越したことは無いのですが、発がん性物質に限って言えば関係ないと言えますし、国内の基準値をクリアしているものなら、気にする必要はなく、むしろそれ以外の食物・天然物質などに含まれているようです。

無添加や無農薬という理由で、安心安全を押し出した食品が「ガンになりにくい」と謳っているわけではありませんが、どこかで見聞きした情報の中に”印象操作”が含まれていて、それが事実と感覚の乖離を生んでいることは間違い有りません。

不確かな情報に惑わされず、一人ひとりがインターネットを上手く利用して自ら調査し、正しい情報を得る努力が必要になっています。

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)  / 

関連記事

38 3
WHOによると、平均寿命が最も長い国は日本だそうで84.3歳となっています。 2022(令和4)年の日本人の平均寿命は男性が81....
65 2
「お値段以上」でお馴染みの「ニトリ」から、体に嬉しい新商品『油分塩分カット食器』が発売されています。 株式会社ニトリホールディン...
80 2
古来より「酒は百薬の長」と言われていますが、この度キリンホールディングス株式会社のR&D本部キリン中央研究所が、ビールの原材料で...
164 3
在宅勤務が定着し、新しい生活様式により自宅での生活が長くなっています。 多くの生活者に運動不足の慢性化が見られ、これに伴い体脂肪率...
149 3
Twitterで拡散された「排便時の正しいフォーム」が効果絶大だと話題になっています! 義務教育で教えて欲しい「排便時の正しいフォーム...
171 2
もうすぐお正月ですが、皆さんは『おせち』どうしてますか?昔は3世代家族が珍しくなく、私が子どもの頃(40年ほど前)は、我が家はおばあちゃ...
417 2
まだまだコロナ禍は続いておりますが、今年もあつ~い夏がやってきました。 熱中症に気を付けなければならない季節ですが、一方で「マスク...
492 1
日頃の食生活で欠かせない保存用のパック。中でも旭化成ホームプロダクツが販売する商品、ziploc(ジップロック)を利用している方は多いの...