【5G】遠隔医療をパッケージ化した大型トラックがすごい。

「モバイルSCOT」

例のウィルスで医師・看護師の不足で医療崩壊が始まり大きな社会問題となっています。
もう一つ、忘れてはならないのが地方の医師・医療機関の不足による医療格差も早急に解消すべき課題となっています。

この課題を解決すべく東京女子医科大学ドコモが共同で、5Gを活用した高度医療ソリューションである遠隔スマート治療支援システム「モバイルSCOT」の実現に取り組んでいます。

SCOT(Smart Cyber Operating Theater)

SCOTとは高度な治療精度と安全性を持つ「スマート治療室」のことで、治療室のさまざまな医療機器をパッケージ化およびネットワーク化した上で、同期した検査・診断データを情報化し、これを統合表示する「戦略デスク」により、治療の進行状態を俯瞰的に把握しながら戦略的な治療を行えるようにするものです。

image:© NTT DOCOMO, INC.

image:© NTT DOCOMO, INC.

5Gが不可欠

この「スマート治療室」と「戦略デスク」の一方または双方に通信規格である5Gを活用することで、トラックに搭載したスマート治療室(モバイルスマート治療室)を、専門医師が不足している地域や大規模災害の現場へ派遣することにより、病院等、遠隔の「戦略デスク」にいる専門医師からの的確な指示や助言のもとで、高い精度の診断を行い、遅延なく早期に高度な治療ができるようになります。

さらに、「戦略デスク」を持ち運び可能なサイズに小型化して5G接続した「モバイル戦略デスク」を専門医師が携帯することにより、出張先や移動中でも、スマート治療室への支援をリアルタイムに行うことが可能になります。

image:© NTT DOCOMO, INC.

地方の医師不足などによる医療格差の解消、近年頻発する大規模災害への対応などに期待できる頼もしい力になってほしいものです。

関連記事

415 2
高速道路でブレーキが壊れたら・・・想像するだけでゾッとします。 カナダのロッキー山脈の山間部のハイウェイでは、長く下り坂が続くエリ...
302
なんだかB級映画のタイトルみたいなタイトルですが、書いて字のごとくです・・ どういう状況なのかよくわからないのですが、大量の藁(ワ...
419
株式会社NTTドコモ関西支社とダイドードリンコ株式会社はダイドーの自動販売機の天板上に5Gのアンテナを設置し携帯電話向けのサービスエリア...
428
大手携帯キャリアのひとつの「ソフトバンク」が、大容量で月額5,000円以下の新料金プランを導入する最終調整に入ったと、日本経済新聞が報じ...