わっ!熊だ!死んだふりしとこ。

皆さんは山で熊に出会ったことはありますか?

あるひ もりの なか
くまさんに であった
はな さく もりの みち
くまさんに であった

くまさんの いうことにゃ
おじょうさん おにげなさい
スタコラ サッサッサのサ
スタコラ サッサッサのサ

ところが くまさんが
あとから ついてくる
トコトコ トッコトッコト
トコトコ トッコトッコト

実に怖いですね。

では、実際に出会ってしまったら、どうしたらよいのでしょう。
遭遇したときのクマとの距離などにより、対応が変わります。

状況その1:距離が離れている約100m

  • あきらかにクマがこちらに気づいていない。
    –気付かれないように、その場から立ち去りましょう。
  • クマがこちらに注目 or 気付いているがこちらを無視している。
    –クマの様子を見ながら、静かにゆっくりとその場から離れましょう。
  • ゆっくりと近づいてくる
    –人間だということに気づいていない可能性があるので、クマに人間だということを知らせる。石や倒木などに上がり、大きく腕をふりながら、穏やかに声をかける。(気が進まない。)

状況その2:突発的な遭遇!距離20~50m

  • クマがのっそりと立ち上がる or ひょっこり出てきた場合
    –あわてずにゆっくり両腕を上げてふり、穏やかに話かけながら、(万が一の突進に備えて)クマとの間に立ち木などが来るように、静かに移動しましょう。クマが立ち上がり、または四つんばいのまま、鼻をヒクヒクさせる行動は、相手を確認するためのものです。
  • 上記対応を行っても、クマが立ち去らない場合
    –立ち去らない理由(子グマやシカの死体など)がないか、付近を冷静に観察し、ゆっくり離れましょう。急な動きはクマを興奮させるので避けましょう。
    こちらがいつまでも動かずにいると、敵対行動と受け取られる可能性があります。

状況その3:突発的な遭遇!距離20m以下

  • 落ち着いて。静かに。走らない。
    –とにかく、突発的に走って逃げるとか、大声でわめくような行動は、ただでさえびっくりしているクマを更に怯えさせ、ストレスのあまり防衛的な攻撃に移らせる可能性があります。落ち着いて。静かに。走らない! ゆっくり両腕をあげて振り、穏やかに話しかける。すぐそばに障害物(立木など)があれば、可能ならクマとの間にそれを置く位置関係に静かに移動(注:万一の突進に備えて)。クマ撃退スプレーがあれば準備しながら…と言いたいが、多くの場合、そんな余裕ないです。ほとんどの場合、唖然として立ちすくむと、とたんにクマが全速力で逃げていきます。

ここで走って逃げると・・・

クマは素早く動くものに反応します。あなたが走って逃げると後を追いかけてくるかもしれません。
ちなみに、ヒグマは時速60kmで走ることが可能です。

状況その4:突進してきたら!!

まず落ち着きましょう。(無理!)
クマは相手に突進しても途中で止まり、激しく地面を叩くなどした後に、後退する事が多いのです。
この場合、穏やかに声をかけながら、クマとの間に障害物を置くようにゆっくり後退しましょう。
※クマ撃退スプレーがあれば、噴射準備。

冷静に対処する女性

戦う人もいます。

関連記事

1250
クマは日本でも身近な動物。どこの動物園でもその愛らしい姿を見ることができます。 しかしタイミング次第では人間にとってクマは非常に危...
218
いままで木彫りの彫刻に惹かれた記憶がほぼないんですが、ウクライナにあるウクライナ原産の木から作られた木彫りオブジェを作っている「Ukra...